シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2010年11月27日

「龍宮城の政(まつりごと)」

金沢006.jpg現在の日の本国の形

米軍に守られているのは何処の国でしょう。??

 

海面上で何が起きているのか、知らずに顔を出した「亀」

体型的に遅いのはしょうがないにしても

「日の出ずる「国」の政はなんでしょう。

 

餓鬼の争いとしか言いようがない。(餓鬼だね)

 

世界の恥さらしでは、西と北の隣国に「馬鹿」に

されても可笑しくない。長期政権から変ったら

良い兆しがあると思ったら、もっと性質が悪い。

 

だから長期政権が続いたのだと考えるしかない。

 

矢張り野党が長いとこんなに堕落するのの見本だね。

言う事は自分の選挙のときだけ、詐欺師以外にない。

長期政権が堕落したのも野党が真ともでないから

続いたと考えるしかない。

 

ルールあり事を運んでいるのだからと言うが常に

自分の足元より他人の足元の批判しか出来ない輩

「江戸の敵長崎で晴らし」逆転したら「国民・国家」を

私物化をし、テメエの考えを押し付ける大番頭。

 

良識府から首を切られてもマダマダ己等が正しいと

頑張る。それは方向が違うのではないのか。

元代表が大連立を組むと以前に言われたが担当能力の

ない方の政治では「国家・国民」これ以上の不幸はない。

 

超法規で国会の「衆・参」同時解散して出直ししかない。

イヤだね。何度選挙してもこの国は真ともでは無い様だ。

 憐れなものだ。

金沢005.jpg落ちて来なけりゃ良いが。??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

26日の訪問者 (PC内188件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。



posted by kanno at 07:25| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

新築全て『エコ住宅』法律義務化を検討

またまた、地球温暖化、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減を後押しする
政策が出来るようです。

古くなった新聞記事。毎日新聞 2010年4月17日 東京朝刊

http://mainichi.jp/life/ecology/archive/news/2010/04/20100417ddm008020042000c.html?inb=yt

0805-1.jpg国道の側の山

この記事を読むと、無責任「住宅政策」をまた行なおうとしている。エコの名を借りた
大手資本育成としか写らないのは自分だけだろうか。摩訶不思議だ。

日本の国の住まいつくりの歴史をたどると、身近にある材料を利用したつくりであったが、
何時のまにやら大手建材工場が膨大な石油エネルギーを使用して、住宅つくりに参入させた。

のは、大手資本を育成、指導した「国策」では無かったのではないのか。

膨大な排気ガスを排出させたのは、住宅不足に名を借りた「政策」が海外まで手を広げ、
運送コストが高い輸入材、途上国現地の自然破壊を助長、温室効果ガス排出政策した。

0805-2.jpg大型機械による伐採

官僚らの作文と大手資本が結託して「地球破壊」原点を作り出した思う。

国民生活向上などと、綺麗な文言を並べ、蛍光色マガイの「TV映像・広告紙」などを
使用して国民を高揚させ、国民の「命を担保」にした世界へ背伸び政策で、根のつかない
経済成長政策、国家に大きな借金を作り出した根本は、無責任政策の付をまた行なおうと
している。

膨大なエネルギー使用しない工法も、政策として行うのは「国」ではないのかと思う。
地方の山には戦後植林した「杉」など針葉樹が多くあり、利用促進もお願いしたいものだ。

――――――――――――――――――――――――

0521-14.jpg見えない国道見える

記事内容(時間が経つと消える記事なのでコピー掲載)頭の部分のみ。

新築建築物:全て「エコ住宅に」 法律義務化も検討−−国交・経産省方針

 国土交通省と経済産業省は16日、住宅やビルなどすべての新築建築物について、省エネ化を目指すことを表明した。二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス削減を後押しするのが狙いで、特に対策の遅れている住宅について、国の省エネ基準を目指す「エコ住宅」の普及拡大を本格化させる。住宅版エコポイント制度の拡充のほか、新築はすべてエコ住宅にすることを法律で義務づける方向で検討を進める。

マダマダ続くが、後は新聞記事を読んだ方々にお任せする。


posted by kanno at 06:16| 岩手 ☀| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

「国利民益」の国へ=故事曰く

「小泉政権」後ドタバタ、一般国民にとっては大迷惑だ

「アベ・フクダ・アソウ=ハトヤマ・カン」と5代続けて

「槿花一日」ではないのか。

こんな無様な国会議員を選ぶ何者もない。・・・・・・・・・今回の選挙、思慮がない。


勝って「官軍」負ければ「賊軍」、総理に成ったときの「顔相」を見た、
危ういと感じたが、予想通りになった。

「耳相」の輪郭に纏める能力がない「凶相」と出ている。
パクリの相だ。


歴代「輪郭」の提督は「タナかカクエイ」以前の方々のみ。
以後は「貧相」のみである。

常に「党利党略」の犠牲、「民」の暮らしなどは「口先」のみ。
それに踊る国民はアホカ。


国技のように「国政代行」を。

戦後の混乱を鎮めた「第二のマッカサー」が必要では無いのかと思う。
統治能力がない「頭脳優秀」より「民の声」を聞く耳をもった「ひと」が必要だ。

 槿花は、朝咲き夕べにはしぼむ。
たった一日の栄華を人の世のはかなさにたとえる。


語:槿花=むくげの花。はかなき栄華。
  栄=さかえ。名誉。はなやかさ。

類:朝顔の花一時  邯鄲の夢  住人薄命
  槿花一朝の夢  陽炎の命  おごる者久しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「梁上君子」―――――――哀れな民、

「盗人・盗賊」を選ぶなんて、鼠(ねずみ)に己の「一票」を托し。
水面に浮かぶ軽い者は、風任せではないのか。
年末に掛けてもう一度「大きな嵐」来る。
それも風速100mを越えるとの噂だ。


出典:後漢書・陳寔伝
1.家の梁の上に潜(ひそ)む者。盗賊。盗人(ぬすっと)。
2.転じて、鼠(ねずみ)。



時に歳荒民儉、盗(ぬすびと)の夜其の室に入りて、
梁上に止まる有り。
寔(しょく)陰(ひそ)かに見、
乃(すなはち)ち起(た)ちて自ら整へ拂(はら)ひ、
呼びて子孫に命(つ)げ、色を正して之(これ)に訓(おし)へて曰く、
「夫(そ)れ人は自ら勉(つと)めざるべからず。
不善の人未(いま)だ必ずしも本(もと)より悪ならず、
習ひて以(もっ)て性と成り、遂(つひ)に此(ここ)に至る。
梁上の君子是(これ)なり!」
盗(ぬすびと)大いに驚き、自ら地に投じて、稽(けい)ソウして罪に帰す。


時に凶作があり、民は飢饉に苦しんでいた。
ある夜、盗賊が(陳寔の)部屋に忍び込み、梁(はり)の上に身を潜めた。
陳寔はひそかにそれを見ると、立ち上がって身の回りを整頓し、
子供たちを呼び寄せ、教え諭して言った。
「そもそも人間は、自ら勤勉に勉めねばならないものだ。
悪人というのも、本性から悪人であるのではない。
悪い習慣が身についてしまい、そのようになってしまうのだ。
梁の上に潜んでいる君子こそ、まさしくそうなのだよ!」
それを聞いた盗賊は大いに驚き、
自ら梁より下りて来て、頭を地面にこすりつけ、自らの罪を認めた。



posted by kanno at 08:07| 岩手 ☔| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

子供手当てとは不思議、とんだ「増税」なり・・・・・・?

チラシの説明読むのは辛いです。23年度から重税になります。
子つくりは考えものです。

でも、眼を空けて確りと読んでください。
上手いことは長くは続かないと言いますがその通りだと思う。

国税のチラシです。マスコミの目立つ話とは全然違います。
真剣に成らないと益々重税だけが「津波」のように来る前兆だと思って下さい。

Save0240.JPGSave0241.JPG

今度の政府「民主党」はマニフェスト通り、子沢山の家族にとって
「うは〜うは〜」(笑)子沢山はもう寝てくらしの連続。


22年度 13,000×12ヶ月=年1人当たり156,000.―
23年度 26,000×12ヶ月=年1人当たり312,000.―
給付されるとのこと。・・・・・・・

しかし23年度からはそうは行かない様です。(怪しい・怪しい)

現行の児童手当と、民主党の子ども手当の比較http://www.dpj.or.jp/news/files/hikaku4.pdf

子ども1人当たり月額2万6000円支給へ「子ども手当法案」参議院に提出2007/12/26  http://www.dpj.or.jp/news/?num=12437

唯で戴くなんて、幾ら世界経済2〜3位の国に「何処から湧いてくるなんだろう?」
ありました「コクゼイ」マジックの「手品師」が考えました。
Save0242.JPGSave0243.JPG

23年度から、16歳以下の「年少扶養親族38万円控除」を廃止とするという
16歳〜18歳の上乗せ控除も廃止、完全なる「マジック」です。

1人当たり「所得」からの引かれるのが廃止、
所得金額が多くなり、所得税が多く収める方向となり・・・・・・・所得税の増税です。


・・・・・・・・誰か懐に残る方法をご教授ください。

「源泉所得税のあらまし」・・・・・・国税庁説明に確りと書かれています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/pdf/9017.pdf

手当てをくれることだけに信じた方が悪いのです。
「政治家=官僚」の裏での増税計算に乗せられました。

Save0245.JPGSave0246.JPG

・・・・・・・・もう動き出しました。ハハハハハ・・・・・・・後でお祭りとしよう。

「オレオレ詐欺」に上手にひっかりました。・・・・・・・・
つり餌が良いので皆さん食いつきました。

ハハハハハ・・・・・・・もう駄目です。


法律が動きだしましたよ。
後だしジャンケンの勝です。

現行の扶養親族控除の方が有利ではと思うが、計算の強い方は計算してみて下さい。
やはり、政治家とは「超オレオレ詐欺師」だと思うのです。

Save0247.JPGSave0248.JPG

来月の「参議院選挙」も考えもんです。

子供手当て一番、手を掛けて育てなければ成らない時、現行より6万8千円少ない上
所得税が増税に
なるのです。前回「総選挙」完全に騙されましたねえ。
後の祭りです。



posted by kanno at 18:18| 岩手 ☀| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

テーブルマウンテンの「無様な寄合」

国家国民生活を良くする、今の「政治」の国情不安は何ですか。

現 国頭(くにがしら)は、「竜宮城」から亀に乗って出てきた、御先祖は
「浦島太郎」の系統らしい「ボンボン」が遣る事が常に「国家国民生活」の
目線では無い。

日本国の「大山」(おおやま)の現状、外国にある山「テーブルマウンテン」(南ア)
のようなつくりに、国民は昨年の総選挙において場所提供し、方向が変るかと期待して
いたが、テーブルマウンテンでの「無様な寄合」は、消費者いや国民生活を考える
「乙姫」が生まれた所の考えを主張、ボンボン太郎はトウトウ堪忍袋の尾が切れ、
「追放の段」が下った。

昔から意固地な「党」だから言うことは、終始「理想論」では本物の
国民生活に結びつかない困ったものだ。

数が少なくても政権党になったのに、柔軟性が無い。

日本国についた「皮膚ガン」のようなものだ。良いお医者さん見つけて治療専念し
聞く所によると、次の選挙まではもたないとの噂も駆け巡り、トウトウ「乙姫様党」
も時間の問題らしい。自ら墓穴まで・・・・・・・・・あの世で歴代の党首は同見ているか。

消え去るのも運命かも、野党になった異母兄弟の「兄貴」もかなり苦労しているらしいし。
もう時代は、還暦を過ぎ「前期高齢者」などと己等が決めた方向に御国はなってきた。

「現」浦島太郎ボンボンだって、空けては成らない「箱」を空けた責任は
「棘の道」だ。・・・・・・・・・その痛みがわからないとはもう「命運」ではないのか。

あべ+ふくだ+あそう=に続く、世襲議員は要らない。世界と国情の解る
「野武士」の出現を待つしかない。「詐欺的議員」は国家が不幸になる。

「親良い」から「孫も良い」は間違っても無い。

『親辛抱 子堕落 孫宝飯道』では駄目、国民は解るべきだ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※「平成」元号の世とは・・・・・・・・・「テーブルマウンテン」


>>>「平成」の名前の由来は、『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
『書経』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで「内外、天地とも平和が
達成される」という意味。<<<

・平らな山http://www.yamaguchi.net/archives/000664.html

※「昭和」元号の世とは・・・・・・・・・ 「農」の萬邦が
<<<「昭和」の由来は、四書五経の一つ書経尭典の「百姓昭明、協和萬邦」による。>>>

「百姓昭明、協和萬邦」には、国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う意味が込めら
ています。「家族みんなが和気あいあいとして,仲よく力を合わして暮らすと,
そういう人たちが寄り集まることによって,すべての家々(百姓)が平和で
明るく栄えていく。その和気は,隣近所,字より郷,町,郡,県と人々を
ことごとく和合し,果ては国中の民が和を愛し,天下はよく治まる。
更にその和気は広く万国に及ぼし,国々の和合協力することまちがいなし。」とは要って
世界に仕掛けた「第2次世界大戦」で滅び、以後の苦難、現世は忘れている。



posted by kanno at 07:59| 岩手 ☁| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

この先「日本国」は何処へ行く

今朝の新聞を読むと、

全然バラバラ、この先「日本国」は何処へ行くのか?
お酒を飲まないのに毎日は酩酊状態の大旦那。
1年前に何を言ったか記憶にない状態、

30年以上も前、国会での証人喚問の時、
証人は質問に「記憶」に御座いませんを
連発したが。「世界を見る眼・国内を見る眼」、
メン玉がデカイの何処を見ているのだ。

世界の旦那の1員でしょうが、何も考え時に
「政」をしているのではないよ。

沖縄問題は、地名の問題ではない。
米軍基地をどうするかが、「日本国」の
問題であって、米国だって好き好んで
沖縄にいる訳ではない。

巨大な隣国の世界制覇と、世界から孤立して
1国だけで近隣諸国を敵に廻し、好戦的な国が
近くにいる以上、「日本国」自衛隊だけでは防御
出来ないためと、東南アジアの紛争等に睨む
必要から基地をおいて要るのだ。

連立政権の中には、「経典」の1つ覚えのように、
「平和」ばかり口にする「くノ一」党首がいるが

国内の平和は近隣が平和にならないと、「日本国」の
平和がないんだよ。何かの一つことを口にしてれば
棚からボタ餅が落ちて来ないよ。外交努力出来ない
国会議員なんか要らないよ。

国民全部は基地が日本国に無い方が良いに決まっている。
しかし、軍隊が必要な以上、基地は必要ではないのか。


posted by kanno at 09:08| 岩手 ☔| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

−(^-^)−−(^-^)−−(^-^)−馬鹿か

この国、今どうなっているんだろう。

昨年の総選挙の時と全然方向が違うのではなかろうか。
役人の言いなりの「政」の「政治」ではいけないと判断したから、現与党に皆が
流れたのを自分等の正当な力だと勘違いされているのではなかろうか。

絵に描いた餅を自分等も可笑しいと思わないなんてこれが政治なの。・・・・・・
大体「バッチ」誰のためにつけているのと言いたい。

党利党略のために投票したのではないのだと思うよ。
国力が益々ジリ貧なのに気がつかないなんてアホカとしかいいいいようが無い。

片方は選挙目当ての「バラ撒き」責めるが、1年前自分等もバラ撒きしておきながら
現与党がまた同じ手法で、「子供手当て」を出しとは、家族崩壊の絆を壊して置いて

卑しい手法で吊るとは何事なの、親子関係を壊し犯罪の予備軍を国が率先するとは
もうこの国は隣国中国の属国になったほうが、素晴らしいと思うよ。

向こうの十分の一の人の数では経済などでも完全に敗北するね。
大手企業は其処を目指した生き残りにかけているんだろうが、
相手はそんな読みの上の上を行っているね。

第一次オイルショック以後、甘いものばかりと甘い言葉を取り過ぎた「ひとがた」は
完全に「糖尿病」、死ぬまで薬の御世話にならないと生きて行けなくなったのが現状では
ないのか。

今日の「テレビ」出演した各党のトップの醜態は何なの、自己主張のオンパレードだ
人の話を聴かない「保育園児」若しくはこれから水の張った「田んぼ」で鳴く「ビッキ(蛙)」だ
対談で誰の話が真ともなのか聞いてて「飽きれる」以外にない「ビッキ」以下だ。

これでは国の舵取りなどは「夢物語」だと言う事を気がつかないと益々末端は
「夕日」が近い。・・・・・・・・・・・「夕焼け小焼けて」日が暮れて山のお寺の金がなる。
posted by kanno at 11:52| 岩手 ☀| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

前原国土交通大臣発言

大臣発言
(仮配分問題、チリの大地震による津波、建築基準法の
見直しに関する検討会について)の3点

http://www.mlit.go.jp/page/kanbo01_hy_000811.html

@「予算仮配分」について・・・・・・・・・・・(略)アドレスで紹介
A「チリ津波・会見過大」の謝罪について
何でも、予想やが当たるようになると世の中は味気がなくなり
つまらなくなると思うのです。
当たらない予想を騒ぐのも国民性、第一全て予想通りだと本当に
怖くなり、天気予報だって目安になるだけで判断は個々が考えることではないのか。(中略)

B「建築基準法の見直し」
発言内容―全文

建築基準法の見直しに関する検討会の設置についてでございます。
私が大臣に就任して以来、建築基準法の見直しポイントは3つございまして手続きの簡素化、これは日数のこと、そして2つ目は提出書類の簡素化、そして3つ目が厳罰化ということでございますが、前の2つに関する見直しの検討会ということで、1月22日に建築確認手続き等の運用改善の方針を取りまとめて公表をしたところでございますが、この建築基準法の制度の見直しについては引き続き検討を進めることとしておりまして、このたび有識者や実務者から構成をいたします建築基準法の見直しに関する検討会を設置して、第1回の検討会を3月8日に開催をさせていただくこととなりました。
本検討会で主に3つについて議論をいただきたいと思っております。
1つは構造計算適合性判定制度の対象範囲、それから2番目には建築確認審査に関わる法定期間、そして3番目は厳罰化ということでございます。

つまりは、これを踏まえて必要なものについては法改正を考えて行きたいと考えております。
まずは運用改善で、確認期間の短縮とか、或いは提出書類の簡素化というものをやっていきますけれども、これはあくまでも運用でありますので、この適判の対象範囲、法定期間、厳罰化は法律改正に関わる問題でありますので、議論をしていただきたいと考えているところでございます。 (全文)


戦後復興の清算時期を逸した「基準」を未来に向けて長く「住む」を
基本に、出直しする方向に改正、「建築基本法」をつくり住まい手の
自由裁量にゆだねるのが国民の為になることだと信じる。

「建物つくり」を知らない大学教授などに依頼した誤りを早急に是正し
本来の姿に戻しべきであると考える。
一軒の家を建てたことも無い研究者の題材にされ続けて来た戦後復興は
終焉して地球環境にやさしく、何回も使いまわし出来る家つくりを臨む
ものです。
posted by kanno at 16:10| 岩手 ☁| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

早急に「骨格幹線道」の整備を急いで

本当に日曜日の大騒ぎで良かったです。
皆様には大変お騒がせしました。

昨日2月28日午後南米「チリ」から津波の来襲により、
国道の通行止が長時間に渡った。
50年前も同じでジタジタに寸断された道路が2ヶ月にも
渉り不通が続いたのです。

0228-3.jpg

国道維持事務所のHP

http://www.thr.mlit.go.jp/sanriku/10_iji/ofunato/daikan/index.html

今回も海岸沿いを走る国道は、海抜の低い地域で
全面通行止めとなり、3月1日の今日、卒業式の
予行練習に行った高校生が帰宅出来なくなり
ニチもサッチも行かなくなった。親は心配になり、
右往左往する姿は見ていて気の毒以外の何ものでもなく、
困ったしか言いない地方末端ほど災害時には完全に
見放された状態なのです。

国選選挙の時には身を粉にして一時も早く、全線開通
実現に努力すると大きな声で叫んでおったのはどの方
でしたっけ。いつも自分の地盤にだけは何でもできると
豪語を信じる方がアホカと思うのです。

国道45号線、仙台〜宮古間に専用道も途切れ途切れの
工事では何時になるやらと危惧するものなのです。
確かに予算がないで片付けられてはどうにもなりません。

posted by kanno at 06:53| 岩手 ☀| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

祭り上げた上に嫉妬とは

今日この頃モノが溢れ、方向の見えなくなった暮らし
そして満たされない日々何処かにその不満の吐け口に眼が写り

良く飽きもせず新聞の大見出しで誘う、
テレビも嫉妬深い報道に終始した上誇大報道、
その事のみを追い求める現場の報道記者。

政治の不満を政権交替に求めた「姿」は・・・・何処に・
スポーツ界なども新鮮な十代の若者等の活躍
しかし大きな事か小さな事かの真実が見えない。

大相撲などは勝手に解釈した姿勢、勿論原因があっての
結果も知れないが、どうもマスコミの報道姿勢は
大いに疑問を感じるのである。

政界の事件は大きな銭にのみ眼が移り「揚げ足」
しか取れない、嫉妬報道とやはりこの国は
真ともではない。何で知る権利報道の自由は良しと
しても、見る聞く方も哀れだと言うしかない。

本物を知るべき内容は小さく更に何処かの
片隅に書かれている。新聞はそれでも掲載するが
テレビはデジタル放送のため顔の毛穴から皺まで写し
アラ探し報道には呆れて開いた口が塞がらない。

マモナク「冬季五輪」一生懸命活躍する「未来志向」の
選手を応援したい。

「豊かさが齎し嫉妬」は本当にドブヨリも汚いと感じる。
哀れな姿を写し報道、デジタル放送は写りは綺麗だが
写し絵の姿は本当に醜い、その為のデジタル放送ではない筈だ。
posted by kanno at 08:50| 岩手 ☀| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。