シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2011年08月30日

173日目 大震災での変った被災者の心情

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました

 
 天地イタズラ」と言いますか、大津波で被災されたかたの
心情を
思うと何とも遣り切れないものを感ずるとしか言いようが
ありません。
 

それこそ一瞬にして家族を失い、家を流され、その
悔しさを誰にも
ぶつけられない心情を思うと居てもたっても
居られない。

際どい所
で難に遭わず良かったねと言われない悲しさ、
これは此処被災した
方への同情も出来ないのです。
流されない方の顔も見たくないと
思っているようです。

本当に同情するなら「金」をくれという昔「TV番放送」に
ありましたが、
今まさにその心情だとおもうのです。
・・・・・・・・流されない我々は
どうすりゃ言いのですか。

本当に困ります。被災翌日あった方にも
言われたのです。
高いところに住んで良かったと皮肉なのかと
思い返答が
出来ず困りました。

 平場に住んで何処の行くにも、身体を前のめり
せず歩ける
姿勢が羨ましいかった。毎日そのような
体験しない方々に今言っても
判る前、自転車を漕ぐに
してもペダル漕ぐにしても、足に大きな力を
加えないと
トテモ前に進めません。

高い所に暮らし以上それは
比較になりません。
荷物を背をてっも、そうです。坂道を登る
辛さは
とても口に出せるものじゃない、
そうして親や先祖は暮らしを支えて
来たのです。

誰も災難には遭っては行けないのですが、
今被災
された方々はその辛さを考えた事が
ありますか、本当は我々も
平場に住みたかった。

それが本音です。
人は「楽を」したいのは
誰も同じです。
 
でも何処で住んでる以上、
運命だと考えるべきです。
命や住んでいる
環境を口に出して変るなら
こんな楽な事はないと思う。

今回の天災で
他国の方々が多くが
手を差し伸べてくれた事を感謝すしかないのでは
ないかと思う。
 

この世に生きて、見る方向を変えると
良い方向に成るものだと先人から
教わったが
実践すると必ず到達するものだとも教わったが
その通りに
なった事を
何度もあり、今が一番底であると
認識しなえと、一生不幸で
終わる気がする。  

「結論」だと考えるものである。
 

明日も又、陽が昇るのを繰り返しで
「一生」終える時には晴れるよう
努める
のが、人生であると思う。 







 

posted by kanno at 19:06| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。