シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2011年08月27日

 大震災から 170日目 月日の経つのが早い

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました。 

 
この頃頻繁に発生する「余震」、処が庭の
周囲の木々の異常差が目に付く
庭先には、
高野槙・ツバキ・桜・エンジュなど、その他の
木々にも異常伸びて
いる。毎日と言って
いいほどの地震の性ではないのかと考えるが。
 
恐らく入大きな立ち木ほど「根」が揺れて、付根の
隙間から表面から色々な
栄養素が浸透し
ているとしか考えられないのである。


市道から家の入り口付近
エンジュの女木と男木
など精力を伸ばして伸びているようだ。
 

西側の木などは栄養素の行き方が不味いのか
例年葉のつきも悪く「ガス木」だと
思っていた
3月の震災以後の葉の色、枝の伸びようと
異常である。

南面の隣家が
境界ぎりぎりに建っているため、
日光の辺りが悪く、正直な自然界は日当たりを
求め
とにかく日の当る方に伸びている本当のようです。
 

北面の加工場の日陰でとにかく毎年日の当る方に
伸びのは当たり前と思って
いたがそれでも、今年は
異常年である。「山」に色々苗木を植えてもそうですが
沢の低い所の「木」ほど伸びは知っていたが、自然界
とは競争社会であるのは
事実、遠くから山の木々を見ると
凸凹なく成木になりますが、伐採するとこんなに
凸凹
だったのか驚くことがあるが正にその通りである。
 

「人間界」も同様、何ですか今回政界の出来事は正に
成木の立ち木と同じでは
ないのか口先3寸で飯が食える
輩の行いは、「民」を担保抵当にして、己等際
よければ
後は野となれ山となれでは、超不在の「旦那」選びでは
「民」は奴隷と同じ
ではないのか。何をしているのだ「津波」
被災者が立てないような餓鬼の争いを
何とかしないと、
全ての国民は一斉に「毒」を飲ませるような事では
クーデター
でも起さないと国はよくならないと思う。
・・・・・・アホナ連中ではこの先真っ暗だ。
 

自分の「ブログ」について、埼玉県久喜市「釜a田工芸」
の和田さまには皆、
早く菅野の再開を待っているので何でも
「身近な仕事や木造」についてのことを
書いてくれと懇願され
もうし訳なく思っておりますが何とか努めているのですが
今回の震災が影響してどうも捗りません。本当に申し訳なく
完全回復までは程遠くもうしばらく勘弁してください。
 21日から
書いてる「ブログ村」伝統工法住宅ランキングも休中もズート
6位を
キープしていましたが昨日は2位まで上がり、多くの方々の
アクセスに感謝
しております。ありがとうございました。

勝手な書き方で申し訳なく。
今後ともよろしくお願いします。 
尚、写真等も多く撮影していますが編集まで手が回らず後日
掲載したいと
考えていますのでよろしく。








 
posted by kanno at 07:43| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/222564105

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。