シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2011年01月25日

現代棟梁大文語録 九

20世紀に生きた大工棟梁、田中文男師が残したことばで印象ある部分を残す。 

田中語録1ヶ月以上も忘れられました。?・・・・・・・・年度末が近づくと、噴火する火山の如く詰まったものを片付けなければ成らなくなり、なにかに追われる日々・・・・あ〜〜あ悲しい。
 


0125-01.jpg0125-03.jpg「堀内家」

・・・・・J 記録する時代がくると思った・・・・・


 
15年くらい前かな、奈良国立文化財研究所(奈文研)の宮沢智士氏が
来たんです。
本を作ろうって。本作りが好きな馬力のあるやつなんだ。
それが『普請研究』を作ったきっかけです。建築は図面だけ、
仕事じゃなくて、やがて記録する時代が来ると、そのとき思ったんです。
 
自費で十年間、四十冊だして金をかけたけど、あれやっぱり
人材発掘になったね。

「原稿料なしで書いて来い」って言うと書いてくる。
保存畑で言うと文化庁に行った林良彦、和歌山にいる鳴海祥博。
本を送って勇気づけたのが大工道具舘の渡邊晶、奈文研の木村勉
建造物室長。
そんな風に何人かの人材発掘できたからいいじゃないか。

 
親方も言ったよ、「大変だろうけど人つくるってことはやっておけや」って。
親方はそういうこと分る人だったよね。
 

0125-00.jpg0125-04.jpg「堀内家」

 
・・・・・K ちょっと大きいものをつくると別な条件がでてくるでしょ・・・・・
 

ある村である家をつくるのに、普通の規模というのがあるでしょう。
毎回それだと人工は変わらないよね。
でもちょっと大きいものをつくると
別な条件がでてくるでしょ。労力もいるし物もいるから記録して
おかなくてはならない。それが普請帳かなと思うんです。

 

普請帳は特別な場合に必要になる。買うわけにいかないから余分に
手伝ってもらうでしょう。

御子神家の普請帳は古い方(1770年代)だといわれてます。
それを見ると面白いのは御子神家から嫁をもらった勇蔵が
米つきにきてんだよね。

親戚が一番きつい労働をするんだな。

 

田中棟梁が調査のために訪ねた。長野県・本棟つくり「堀内家」


0125-00.jpg

 
      現在「伝統構法」の法制化のため、全国の重要文化財の木造建物の構法調査に、J文中に「名」を上げた方と同行しており、「ブログ」は飛び飛びなりますがよろしくです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

24日の訪問者 (PC内132件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

posted by kanno at 07:36| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。