シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2010年12月17日

01.20の実大実験見学→募集1時間30分で「完」

1217-00.jpg写真2008年12月実大実験、見学者が対面ステージ見学

12.13
下記のメールが公開された。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

取り急ぎメールしています。
伝統構法の検討委員会からのメルマガ受け取っている人は
ご存知と思いますが、念のため。

おそらく今日明日、
もしかしたら今日中には
枠が埋まってしまうかも!という勢い・・
なので、行きたい方は、ほんっっっっとに、お早めに!!


本日、12/13()10時から見学希望を受け付けます。
先着300名ですのでお早めに。

http://green-arch.or.jp/dentoh/

1217-01.jpg写真2008年12月実大実験、モデル

内容は次の通りです。


1/20() 兵庫県三木市Eーディフェンスにて
12時受付開始、17時終了予定)

・試験体 no.4 (石場建て、足固め、土塗り壁、2階建て)
・入力波は、日本建築センター模擬波(BCJ=L2


詳しくは公開実験特集のページでご確認ください。
http://green-arch.or.jp/dentoh/experiment_edefense_2010.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 1217-02.jpg 写真2008年12月実大実験、巨大空間の中で

事務局発表では


1
時間30分余で定員300名の申し込みが完了との事

 

ネット時代の恐ろしさ、パソコンを使用できない方には別世界です。

 

恐らく多くの真面目な方々は、PCの前で時間と睨めっこであった想像する。一昨年の時には、600名〜〜〜〜〜ズルク、配り多数の潜りもありましたが今回は厳格で、「顔」は一切ゴッハト、施設とのトラブルが多いので施設運営側から厳格を求められたのであり、運営者側の意見が通りません。

 

これほど「伝統構法」が注目を浴びたのは、100年以上の建物に対する建築基準法の「既存不適格」とレッテルが貼られ、如何しても修理しながらでも住みたいと多くの方々の希望を叶えるためでもあります。

 

100年の古民家を簡単に「既存不適格」などと烙印を付ける国・研究学者の横暴な考えともっともっと検証をしなければいけない事を怠り弾圧法を容認する国会議員の無知無能と文化の程度低さの露呈です。

 

経済が行き詰まりに、銭しか眼が行かない官僚と大手ハウスメーカーの考えと政治の無能さが多くの国民を惑わせているのです。法律に準じた「3階建て建物」実験倒壊がその実態を証明したのです。後での言い訳理屈は誰でも言います。それは富士山より高い証明書類を書いても恥の言い訳である。

1217-03.jpg写真2008年12月実大実験、実験完了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

16
日の訪問者 (PC内 214件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 08:07| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。