シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2009年04月28日

続 これが気仙大工の「伝統構法・木組み」だ

伝統工法は「壁」(土壁が主だ言う方々は、「木組み」の強さを知らないからであり、基準法の壁耐力にしか目が行かないのである。先人が考えたのは、ホゾによる強度を如何に工夫するかしかないが結論であり、社寺などで考えだした1つに、ダボによる木組みで組むということを考えがある。

0013.jpg

写真の建物などもホゾをなるべく太く、それに比例して長くすることで木組みの「強度」が出来ると考えがこのような建物をつくって来たのだと思う。梁・桁(下梁・下桁)の木巾を大きくして、それに比例して「穴・ホゾ」決め手いるのです。だからゴツイ大きさが判る。それを更にもう一本(上梁・上桁)までホゾを貫通、例えば「和服」に帯を締めた形にまで、変形しない工法になったのです。

012.jpg

現代工法の胴差などは、着物の肌着の紐みたいなもので締めても、どう考えてもそれはやはり強度が出来る訳がない。それを「実大試験」で証明されたのです。建物は「高さ・広さ・大きさ」に比例して考えるのが本当ではないのか。上・下梁の間隙は多きな木材が入っていると同じなのです。貫なども、内法貫と地貫だけの無駄を一切省き、柱上部を固めることと更に柱がバラバラに動かないように「地貫」支えるというのが、伝統工法のつよさなのである。 (別建物の写真・解体中木組み)

012PG.jpg

貧弱な材料でつくっても、長期にわたり強度は不可能であり、消え逝く古民家などの材料が、再生が効くのは太さ、五感の目に見ての安定感などにも繋がるからではないのか。難しい計算の羅列も良いが、長く棲めることであり、無駄なエネルギーを使って環境破壊しながら建てる愚かさは、銭の亡者が住むためではないと思うが如何な問かと思う。
(別建物の写真・解体中のホゾ)


013.jpg


(続く)


posted by kanno at 10:33| Comment(0) | 気仙大工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。