シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2008年11月01日

木徳八訓

住宅建築工事現場に「木徳八訓」という看板を掲載しました。「木」を扱う方から、了解いただいた銘訓です。その方は「上州国 吉岡住人 福田英作」氏が書いたものです。「木徳八訓」1、森にありては命の水を貯え空気を造り 人の目には緑と紅葉を楽しませるは「木」なり。1、雨にうたれ風雪にさらされ感熱に耐えて 悠然と動かざるは「木」なり。1、丸形変形無言にして庭園街路などに 趣を添え人心を和らぐるは「木」なり。1、古来より幾百年御先祖様を祀りし菩提時も 基礎たるの任務を果たすものは「木」なり。1、住宅にぬくもりと心の豊かさを与え 人の健康を守るものは「木」なり。1、植林・下刈り・間伐で流した汗が 孫子の代に豊かな収穫を約束するは「木」なり。1、 使命をはたし土に還り手も環境にやさしく公害のない地球の大切な資源は「木」なり。1、木の仕事を通じて社会に奉仕することは宇宙船地球号に永遠の愛を誓うことなり。この看板の脇を通る方々が1目見、読んで心に残していただくだけで結構です。すべては「き」から始まらないと世の中は上手くは往かないのではないでしょうか。木を扱う我々がつくる「木の家」に多くの方々に住んでいただきたい。それが先人からの願いであり、次の世代にも「有機の材」である「木の家」が継承され、それでつくられた家の中が、マーアルクなってこそ良いことばかりが来るのではないでしょうか。合掌
posted by kanno at 06:16| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは曹洞宗の「石徳五訓」や「水徳四訓」にヒントを得て作られたのでしょうね。

ところで、「菩提時」は「菩提寺」でないと意味がおかしいと思うのですが、原文が間違っているのでしょうか?
こちらで間違って入力されたのでしょうか?
Posted by 五十嵐洋 at 2016年07月06日 13:43
「土に還り手も」の「手」も「て」でしょうね。
Posted by 五十嵐洋 at 2016年07月06日 13:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。