シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2008年06月30日

「日々転々」、半年が経った

神道には、1年の半分にして無病息災の神事が6月・12月の二回行われます。
今日、6月30日はその日にあたる。日本国に「神」が存在してからの神事だと聞きましたが、全ての人々が正月から半年の間におきた罪穢れを神社にお参りして、穢れを払うのです。

それが「茅の輪(ちのわ)」潜りいう行事だそうです。

>昔から「茅」は、その旺盛な生命力によって災厄を除く神秘的な威力を持つと考えられています。<

そして何故か「無限・・・∞」の形にお参りするのです。そうするとこの無限というのは「∞」大昔から日本にあったということになります。「8」の字を横にしたら「無限」・・・・・・・考えますよねえ。それを3回回るという。「8・8・8」・・・・・無病息災となるのだそうです。

先日お参りした。「志和稲荷神社」では「フジ」で造った「ちの輪」を潜りお参りしてきました。



「茅」は成長が早く1年草ですが、「フジ」はマメ科のつる性の落葉木本であるフジ属の総称であり木です。フジも成長するには他の木の側でなければ、上に上れないのであるから、その意味で使用されるか、この神社はどのような訳でフジを使うのか後で聞いてみる必要があるかも知れない。

別の見方ですが、今年、「フジの花」が道すがら、多く見受けられましたが、山の手入れが行き届かなくなったのが一番の原因だと言われている。国民が納めた税金が、官僚が生き延びる為にしか使われていないという特集のTV番組を見たが、このままでは日本国土は外国の軍隊が攻めてこない内に「官僚と言うガン」に完全に滅ぼされてしまう危険が目の前まで来ているのだと痛感したのである。





posted by kanno at 07:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 節・節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
茅の輪くぐり、毎年初詣をする神社でも<BR>同じように無病息災を祈願して、グルグルと回ります。<BR>私は地元神社だけの慣習かと思っていましたが、<BR>どうやら日本のあちこちで行われているのですね。<BR><BR>日本は内側から滅びる・・・残念ですが、そんな国になったように思います。<BR>『偽』という言葉が蔓延し、<BR>すでに汚染されているかも知れない体には『病』が巣を作っているやも知れません。<BR>もうこれは神仏におすがりするしかないのでしょうか。。。
Posted by michikong at 2008年07月06日 05:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。