シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2008年06月28日

自然界の珍味は「黄金色(こがねいろ)」

自然界に存在する「黄金色(こがねいろ)」の生き物、ホヤがようやくおなか一杯に入るくらい来ました。
今年は少し時間がかかりました。例年ならもうトックに珍品のホヤが口に入るのに、ようやく度さと来ました。



話は横道にそれますが、「平泉」を世界文化遺産に指定をと地元・県・国をあげて指定を目指していますが、そもそも黄金の光堂「金色堂」は、日本国では国宝指定第1号だったのですが、今回ばかりは遅れを取っているようです。その色が自然界にあるのです。

戻ります。そのホヤ、やはり季節のものを食べられるのは幸せです。
これを食べて直ぐに、水を飲むともうたまらないくらい、美味しい水がのどを通ります。
旧暦の5月ホヤは「嫁」に食わしな言うくらい美味しいです。



それに鰹、大根の1夜漬けにキムチ掛けて、苦い水を味わうのです。「旨い・・・・絶対旨い」
三陸最果ての地、自然の恵みは最高です。

今日は、10数年前に「伝統入母屋の家」を建てさせていただきました施主の後とりが、北に1時間ほどの釜石で、未来を背負う若者の結婚披露宴です。外観は「朱色・そして凸凹」ですが、中味は「黄金色(こがねいろ)」の夫婦になってもらいたいです。・・・・・・・ほや・ホヤ・海鞘の日です。

「ほや」を書いたページ
2008.4.1
2007.7.30
2006.6.9
2006.5.18
2005.5.29






この記事へのコメント
<B>菅野</B> さん,はじめまして.<BR>社会的な視点の記事には反応できず,食べ物トピックに反応する・・・ちょいと哀しい.<BR>でも,思いきりが大事だし・・・<BR><BR>という訳でホヤ.<BR>食べ慣れないと本当の美味しさが分からない食材だと思います.<BR>一度,仙台・松島あたりに行った時,新鮮だよと言われて食べました.<BR>酢のものでした.想像していたよりも臭みがなかった.<BR>うまいっ!とは言えなかったけど,食べつけるとおいしくなりそうな予感がしました.<BR>秋だったので,今の季節に食べるともっと良かったのでしょうね.
Posted by 芦田っち at 2008年06月29日 08:42
昔、一人旅で仙台に行ったときにホヤを食べました。<BR>お刺身で食べたような気がしますが、記憶がはっきりしていません。<BR>とても美味しかった!という思いだけは今も残っています。
Posted by アンクルン at 2008年06月29日 12:31
芦田っちさん。アンクルンさん。・・・・・・ごめん返事遅れました。<BR><BR>こちらばかり美味しいものを食べてもうしワケナイです。<BR>産地でも嫌いな人が結構いますのでご心配なく。<BR>匂いで拒否反応を出し方。<BR>食べ方が色々とありまして、殻から剥いた中の汁を<BR>全部とって置いて最後はその汁で食べる方。<BR>また全部、水洗いして酢醤油で食べる方と千差万別です。<BR>季節のものですから各々好みです。<BR>但し今が最高に「旬」だと覚えておいて下さい。<BR>腎臓病の方にも自然妙薬だといって食べる人もいます。<BR>(ホヤの豆知識)<BR>http://www8.ocn.ne.jp/~hotate8/hoya.htm<BR>
Posted by 気仙大工 at 2008年06月30日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。