シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2007年04月30日

口伝を書いた「某棟梁」のことば 「りの六」

50年後に強さを保っているか
 そこなんです、大事なんは。

■壁の強度は下地の吟味が大事


土は、上質な粘土になるほど水に溶けにくい。

だから土と水を混ぜる場合は、まず土をよく潰したうえで、さらにふるいにかけて細かい

粒子とする。

そうして土と水とスサを練って

練って、これでもかというほどよく錬る。

その後に寝かせる。

その期間を長くして、古土を混ぜた土ほどアクが少なく、凍害にも影響されない。


寝かせる期間は、最低でも半年は必要です。

スサ(藁)も大事。

私どもは、スサを普通いわれている量の3倍はいれる。

スサはその繊維が大切で、それが壁の割れを防ぐ元。

この繊維が寝かせている間に腐ってズタズタになっては元も子もない。

回りは腐っても繊維のある芯の部分が残るようにする。

荒壁塗りは左官に任せません。

自分たちの手でやります。

仮に、左官にお願いするときがあったとしても、材料は必ず支給し、材料の善し悪しや

使いこなしが分かる職人にしか頼みません。

あくまでも壁の強度は下地の吟味が重要だからです。

怠ってはいけません。 ・・・・・・・・・(完)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この考えに別のご意見があるかたは、コメントをください。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回をもって、「口伝を書いた「某棟梁」のことば」は終了します。

1つ1つのまとめた文章には、実際の現場写真も、掲載されてありますが、それはネットに掲載するべきないと考え、掲載しませんでした。

自然界の動き、一番大事な、物から訊くという姿勢には「嘘や偽り」が無いという「実学」を大事に、このような「ものつくり」について自然体で書かれたのだと思う。
これを読んだ時、経験と普段の勉強の大切さを痛感しました。

A4ページで26ページほどありますが、コピーでよければプリントをして差し上げます。
または、「Eメール」ででも良ければ、送りします。

住所 
〒029-2204 岩手県陸前高田市気仙町字牧田61-2 気仙大工建築研究事業協同組合 宛

E−mall info@kesendaiku.com


じつがく【実学】
習った知識が直接、社会生活に役立つ学問。〔狭義では、医学や商学・工学などを指す〕







posted by kanno at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 木造建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。