シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2006年03月02日

後から聞こえた、「JOC」の裏

冬季五輪トリノ大会もおわり、辛くもメダルは1個だけ、淋しい・・・・
「JOC」の顛末を聞くと、日本国はやはり可笑しな国に見えるよなぁ

派遣選手より、選手を支える裏方(役員等)の方が多いんだって、
色々な役まわりがあっての派遣だからそれも判ります。

しかし日本から、トリノまで行く飛行機に乗るのに、
選手は「エコノミー」・・・・役員は1ランク上の券
もっと上の役員は「ファースト」クラスなんだと

そして主役はあの狭い座席で、長時間の移動だったんだと
これでは幾ら実力があっても、日本との時差など
考えても、身体にキクハは
まあ、鍛えてる身体だからエコノミー症候群にはならないから
いいんだろうけど、競技の主役の扱いがこのテイタラクだもの

成績が悪いのもわかるはなあー。・・・・・情けねぇよ

なんも、上げ膳据え膳の扱いを行いとは言いませんが、
組織あっての競技者でもあるまい、競技者あってこその派遣だろうが、
それに胡坐をかく組織ってやはりどこか狂ってるんじゃない。

銭がなくて皆「エコノミー」なら納得するけど、
頑張る人間はどんな扱いして良く、なんか知らん役が
特等席っつのも、やはり組織役員という特権からの驕りか・・・・・・
裏方になるなら、もうちょっと気配りがあると、成績が上がったかもね。

経済大国が派遣するんだったら、永田町のおんちゃんだずも
どっかのポケットにはっ入てるどっこから餞別してもうと思うが

派遣役員を数十人減らすと、入賞者に報奨金を出せたんだと。
情けねぇなぁ・・・・・・・

今の日本は頑張る奴ほどアホで、頑張らない奴は3食昼寝つき
遠からず、「釜土けぁす」になるなあ。(引っくる変えると言う事)

(釜けぁすは、釜土が残るからいいんだど―ケセン語―)






posted by kanno at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。