シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2011年09月22日

トウトウその日がきました。

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。

昨日大震災日から。195日目
地元紙「慶弔欄」に相模夫妻の知らせが掲載された。

多くの方々に大変御世話になったが、何とか何処かで生きていてほしかった。方の告知が掲載され本当に亡くなった事実にふれ、なんとも言い難く居た堪れなかった。正月に色々と移り行く気仙の話題で時間を忘れ話し込んだのが目の前に思い出される。
12、歳高の大先輩の死は本当に残念としか
言いようがない。
70歳も半ばを過ぎ郷土歴史、古文書を隈なく調べ書き残した物が、一瞬の内に人の命と同様に太平洋の藻籤と引っ張られて行ったのです。

正月過ぎふらりと立ち寄り、話し込んだのが最後、同級生の天才的努力家、建具職人小泉勉氏 市役所市長秘書を長く勤めた村上真一氏、教師で障害を持った児童丁寧に指導、地元学を丹念に調査した相模洋先生の3人は母校輩出、同級生三羽烏と言われ、小泉・村上氏の小学校から中学までの腕白物語を残してくれとお願いしたのが最後。

取り分け今泉の歴史、仙台伊達藩鉄砲隊については詳しく、町の発展等も詳細に知べあげたのです。時々地元東海新聞に詳細な事実を掲載してくれたがこれから先はもう無く、歴史の詳細は途中で切れてしまうのは残念。

命と同等くらい大事な歴史事実までの消滅は本当に残念の一語。
娘さん2人は遠くに嫁ぎ、家を昭和63年に建てさせていただいたが、それも基礎土台を残したのみ、被災後こんなに海が真近に住んでいたのだと思ったが、もっと海岸から離れて住んだと思っていた。

色々ことを教えいただいたがもう駄目。10月9日盛岡に近い滝沢村に嫁いだ娘さん住む近くのお寺さんで葬儀との知らせ、その葬儀前日から我所属の「木の家ネット」総会前の現地見学会が行なわれる予定であるが、予定をキャンセルしかなくなったのです。往復4時間以上と葬儀となると当日は駄目。

長距離運転はまだ間間ならないのに生前御世話になって旅立つ時に顔を出さないと、もう最後の別れ。会員各位9日は無理です。







posted by kanno at 07:21| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

長かった4年半

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。

大震災から186日。

2007年3月3日の日午後気仙川川上流住田町に、話があるというので4人で伺った。
岩手県議選「陸前高田」地区から立候補の依頼を聞くため、候補者のガードマンとして集会会場へ。・・・・・・・・・

しかしは話の内容が可なり飛んでいる。
まだ立候補者の真意が決まらない状態での話しが、もう会場の雰囲気が先に行っている。

その場で無理やり嵌められてしまい、帰りは陸前高田会場において急遽、出場表明になり大変な事が起きてしまった。

・・・・・・・・もうもう、止まらない止められないカッパエビセン・・・・・・・・

おいおい如何するんだと、当時の幹部の前で大きな声を上げたがもう遅い。

※ 次の日の日曜日地区公民館の仕事、昼過ぎに若い施主の母親から電話があり新築工事の依頼で場所確認出向き、軽トラで自爆事故、3週間ベッドで彷徨い九死一生、7日で退院ヨタヨタで一ヶ月養生したが無理が祟り、以後身体が可笑しくて苦労したが、下げフリを持つ手が振るい手ママならず事故は駄目だ。(余談)

人の「大津波」に襲われ耐えるしかない。
背丈の低い候補は腹を決め覚悟をした。
流される覚悟だ。それから遅れを取り戻そうと全力で走った。

もう全力しかない。
ゴールが見えてから走り出しだもん。一ヶ月きっている。
到底追いつける筈が無い、でも諦めない気持ちを判ってくれた。

今回の選挙で多くの支持者に恵まれ前回の-373票を跳ね返し、
両市町あわせて。

10142票-7251票=2891票差をつけて勝てた長い4年半であった。
4年間の非も瑞思いをさせた。大震災で父親を流してなくし一番わかってくれる親も草葉の陰から喜んでいるだろう。4年間地域の為に今度も全力疾走することが有権者が判ってくれる。

がんばれ がんばれ。佐々木、祖母の生家にも光明が射した。


お詫び

勝手なお願い。あと一ヶ月でこの「気仙大工ブログ」を閉鎖します。
まだまだ整理がつきませんが、長い間お付き合いいただきありがとうございます。全て、出切れば整理がついたら復活を考えるが、もしかしてそのまま消滅するかもしれません。その時はご勘弁を。

長いあいだお付き合いありがとうございました。途中で終えることは本当に申し訳なく、皆様の御多幸をご祈念もうし上げます。

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

ではまた・・・・・・・・よろしくお願いします。








posted by kanno at 11:07| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

あんぽん‐たん

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。

大震災から185日。
あんぽん‐たん【安本丹】

間が抜けていて愚かなこと。
また、そういう人。
あほう。
ばか。

薬の名「反魂丹(はんごんたん)」になぞらえた語。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

辞任会見に参加していた田中龍作氏のブログ 
から

具体的に「放射能をつけた」と新聞記者に言ったかどうかについては明言を避けたため、会見中に厳しく追及する記者が出て、会見場が騒然とする場面もあった。

「大きな不信の念をつけたことに尽きるかと」

本日、総理大臣にお会いし、経産大臣を辞任したいと申し出をさせていただき、受理していただいたところであります。

国民の皆さん、そして福島県民の皆さんに多大の不信の念を抱かせたことを深くお詫びいたします。

大変短い期間でありましたけども、経済産業省の皆さんの力添えでまことに有難うございました。

―総理からは言葉は?
総理からは、これを受理していただいたと。

―何かコメントは?
特に申し上げることはありません。

―時間はどれくらい?
数十分だったと思います。

―辞任を決めた一番の理由は?
福島県に視察に行った際での記者会見での発言、一連の発言につきまして、国民や福島県民の皆さんに大きな不信の念をつけたことに尽きるかと思います。

―いつご決断をされたのか?
総理に経過を報告し、その際に決断した次第です。

―大臣は一連の発言といいますが、具体的には何を反省してやめるのか?
一つは、昨日の記者会見での「死の町」とした表現についてであります。このことは午後の記者会見で陳謝お詫びしたところであります。

また、視察後に被災地に行ったあとの非公式の記者との懇談の中で、全体としては真面目で真剣な報告をしたと思いますが、その中で不信を抱かせるような言動があったということであります。

―理由くらい説明しなさいよ!
私も非公式の記者の皆さんとの懇談ということでありまして、定かな記憶もありませんので。

―最後くらい説明を!
そういう風に、不信の念を抱かせたと……。

―何を説明したのかを言いなさいよ!
私自身は精一杯……。
「説明しろって言ってんだよ!」
(別の記者)「大臣には敬意を持って質問しろ!」
(別の記者)「お前はどこの記者だ!!」


経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて -

・・・・・・なんで漬物石より軽い発言するんですか。
言葉尻を捉えられ、間抜けとしか言いようがない。
コンナ大臣は最初から必要がない。

「狐」総理から「北極熊」総理に代わり何とかするのではと
思った矢先にこれだもの。

内閣からの辞任でなく、国会議員も辞任するよう法律を変えるべきだ。
そうしないと 又も第2のアンポンが出るのを防ぐには議員辞職に法律を
改正が先です。今こんな無駄時間で騒ぐな一番先マスコミもだ。
被災地の現状も理解できん報道が一番悪いと被災地は考える。



ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

posted by kanno at 12:28| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

トリプル選挙今日最後


このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。

大震災から184日。
半年過ぎ、県知事・県議会議員・市議会議員選挙が明日投票。
追い込みに伴う相手方陣営の誹謗中傷が蔓延してきました。

子供の前では言いない果たして大人の選挙が出来るか心配です。
餓鬼ですね・・・・・・・・・・・・政権党の裏は見ぐるしい、ははあ〜〜〜
確かに勝てば官軍負ければ賊軍、昔から決まっていること。・・・・・

しかし一度は騙されても2度はない。それほど有権者馬鹿ではない。
純情なだけ、それがまた田舎の良いトコです。

大きな声で叫ぶのも今日のみ、明日の夜は祝杯と自棄酒。
誤るの力不足と本人の足跡のみの反省が出来れば良いが今後4年間、
暇つぶしで送るのだ。

選挙権者よ後1票が欲しい頼むで合掌。


ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 06:49| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

現代棟梁大文語録 十180日目

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。
 

2011
0125日を最後に書いたきり遠ざかりました
「大工棟梁、田中文男師」が書いたものを続けないと途中挫折では終わりたくありません。出来る限り書き残したいです。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20世紀に生きた大工棟梁、田中文男師が残した“ことば”で印象ある部分を残す。 


 
・・・・・L 女を口説くんだったら半年1年で勝負つくけど、建築っていうのは三百年後のことなんかわかんないよね。それを実際見られる民家はすごいよ・・・・・ 


民家史の体系は今でも出来ていない。地域ごとにまとめないといかんけど、研究者はやらない。その点で、この夏のつくば市の民家調査(平成十年)がよかったなあ。
 

十六棟やったんだけど、つくば市というのは全域で山手線の内側の程度広さでちょうどいい。
これまであっちでやったのと、こっちでやったのと、つなぎあわせてきたけれど。

今度二棟古い
のが見つかって、年代がでたり普請帳でたりしたから、ない資料が埋ままったわけね。

これで
間取りと架構の歴史が書けそう。あと十八世紀半ばくらいのがほしいんだけど。固定資産台帳を見ると草葺が三百何十棟がでた。

それから選んで絞っていきます。
  これで大体近世の民家がわかるかな。大体どういう変化をしたかがわかる。間取だけではなくストラクチャーがね、

部屋を広くするために間の仕切りの柱を抜いて、そのために部材が増え
てくるとか。 それと昔は床の間や押し板がないよね。

それが出てきたことで、農村の暮らしがよくなったのがいつかってことがわかる。框の高い床の間は延宝二年(一六七四)に出ています。

元禄頃には押板はあったと思うんだけど、それい前のにはないよね。また布団がなかった。寝
間の入り口の敷居があがっていて、中には高く敷くようになってたんです。

 
民家調査を始めたのは昭和三十年、、小平の民家が最初です。 

当時農村建築調査会というのがあって、会員は計画系の大学院生や助教授が多かった。各人
が自分で見て歩いたわけです。

何を調べたらいいかわかんない時代でした。それが組織だって
大学でやるようになって研究が進んで、文化財に指定されて修復できるようになった。

初めて
のお金をもらって修復したのが花野井家(昭和四十五年)です。 

昭和三十二年の奈良県今井町の調査が、組織だって町家を調査した最初です。

町家なんてみんな同じに見えるから、どれが古いか新しいかは、 格子の太いのがそうじゃないか、鬼丸はあ
あいうのが古いんじゃないかとか、 そういうメルクマールをいくつか探してやっていくわけです。 

でも当時調査した民家は、後でもう一度調査をやった時にみんな古いほうに入っていました。
   

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。



posted by kanno at 00:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

179日目 「永一」アンちゃんと「翔太」

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。

ありがとうございました。
 


3
11日母親の片足不自由さを心配して仕事場を
早退して我家に駆け
つけ来て見て不在を確認、
何処にいるかも知れずに探し「大津波」に
呑まれ、
37歳の若さで、亡くなった妹の嫁ぎ先の義姉の
長男、会社
でも配達先でも、かわえがられ、何時も
ニコニコしていたのが印象的
だったが、運命の悪戯
とは
皮肉なものです。
 小学3年の長男、入学前の娘と
両親を残して帰らぬ旅路へと、聞いた
時には声も
出ず、慰めにも足が向かずこれから如何したら
好いのかを
考えたが、遠く内陸の火葬での荼毘にも
遠慮したが、勿論葬儀等も
本当に身内だけで送った
とのことで、お盆近くに仏壇に手を這わせた。
 

今年辺りに狭い家の増築の話中だったが、
借金させずに済んだのが良か
ったと思う。
60歳を過ぎた両親と2人の子供を抱えて
大変だろうと
考えると本当に辛い。 

先日大船渡市の合同慰霊祭が行なわれ、
東海新聞に写真入りで掲載さ
れたが、
本当に悲しいです。
 

ネットで記事が書かれているので詳しいことは

新聞記事。

 http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws6931

東日本大震災 大船渡市で合同慰霊祭
  

大船渡市による東日本大震災犠牲者合同慰霊祭は3日、市民文化会館・リアスホールの大ホールで行われた。参列者は祭壇の前で静かに手を合わせ、家族や友人の冥福を祈った。

 震災発生から半年を迎える中、犠牲者に哀悼の意を示すとともに、津波襲来時に再び死者を出さないまちづくりを誓う場として開催。来賓や遺族ら577人が参列し、遺影を抱きながら座る姿も見られた。
 白菊で飾られたステージの祭壇を前に、参列者全員で犠牲者の冥福を祈りながら1分間の黙とうをささげた。

戸田公明市長は式辞で「住み慣れた街並みは、無残に破壊され、壊滅的な被害を受けた。二度とこの惨禍を招いてはならない。安心・安全なまちに再生させるため、全力で取り組んでいきたい」と述べた。
 「追悼のことば」では、野田佳彦首相と達増拓也知事のメッセージを紹介。市議会の佐藤丈夫議長は、震災後の多方面にわたる支援に感謝を寄せながら、新たなまちづくりを誓った。

 引き続き祭壇の前に立った遺族代表の平山新平さん(89)は、震災で妻のチヱさんを亡くした悲しみを涙ながらに振り返った。
 「悪い夢であってほしいという思いは、今も拭いきれません。大切な家族を失った悲しみは消えませんが『がんばっぺし』を合言葉に、かつてのまちを取り戻すために力を注ぎます。見守っていてください」と語り、聞き入っていた参列者からはすすり泣く声が漏れた。

 参列者全員が祭壇の前に立ち、白菊を献花。目を閉じながら静かに手を合わせ、家族や友人らの冥福を祈った。

 震災で父・永一さんを亡くした末崎小3年の熊谷翔太君(9)は「お父さんがいなくなって、今も悲しいです。でも、祭壇の前で『今までありがとう』と伝えました」と話していた。

 3日現在、東日本大震災による市内死者数は337人。行方不明者数は114人となっている。
  

写真  

http://www.tohkaishimpo.com/picture/nws6931.jpg


posted by kanno at 07:25| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

178日目 披災地住宅について盛土宅地は再考を

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました

東日本大震災の地震の揺れは長かった割には地震での「木造建物」
被害は
見る範囲では皆無である。国は耐震診断を急ぐよう国民に
訴えているが、どの
研究者の指図かわからないが、可笑しいと常に
思うのです。

 
昭和46年新築した我家などは大きな地震、1978年宮城県沖地震
から始まり
幾度となく無く揺らされてきたのですが、壁等の被害は
ないのは先人棟梁
考え、技術に負う所が大きいと何時も思うのです。
この世に「絶対」はあり
えないので大地震にせよ、津波を引き起こし
地震にせよ、地盤が確りしているから
であり、盛土で無いのが、
一番ではあると確信している。
 

人が地盤つくりをするのが、災害の元凶であり、今回の大震災の被
害者は高台
に屋敷を構えるのは当然であるが、全て高台が良い
とは限らないと思う。丘を削る
方法が良いのは当然であるが、
如何してもそのようにばかりとは限らない。
 

我家の地層も、北北西方向ではあるが、何層にも出来ており最西
方向は全然、石が
混じらず、シャベルで掘ると垂直方向は全然崩
れず掘れて、外トイレの便槽は型枠
いらずで外側はコンクリート
打設したのです。勿論調べると複雑な地層なのです。
東側などは
アマ岩に近く、岩型しており踏み固めると締まるのです。
 

日本全国千差万別の地層があり、そのような地層解明を国が
調査して掲示する
のが最善の方法である。宅地造成業者などに
指導もしないで大地震後に後追い
調査などして地盤が悪いなんて
逆さまな話であり、何時も被害にの方が泣き面で
何の為の行政
なのだと問いたい。
 

建築基準法なども大手デベロッパーが儲かる仕組みで
あり、住まい手はその銭
儲けの餌食でるとしか言いようがない。
法律があってもつくり手をガンジンガラメ
するしかなく、
災害が起きたら泣き寝入りで、責任は法律がと言われては
無責任と
しか言いない。  


 

posted by kanno at 11:12| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

177日目 陸前高田市同日「トリプル選挙」

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました



この震災時に選挙とは運が悪いとしか言いようがない。
しかしわが町だけではない。4月に行なわれる統一
地方
選挙が大震災のため半年間延期となり、何とか
これ以上
延期は無理との判断から行う事を決めた
、知事は告示に
より運動中、岩手県議会議員選挙も
2日の告示となり、
陸前高田市議会議員は4日の告示。 

日本一広い県の選挙であるから、県知事は政党組織を
持たないと広い県内を廻り訴えるのは不可能なくらいで
資金力のある方でないと無理と考える。

隣の大船渡選挙区、わが陸前高田選挙区(住田町2市町で構成)
は気仙川筋の選挙であり、川上と川下の運命共同体
でもある。

川上「林業」は日本一を目指し気仙杉をバック
グランドに
して、今回の大震災でも一早く木
造仮設住宅をつくり全国の
注目を集めたのです。

 第一次産業が主体であり、勿論陸前高田市は
広田湾主として
海産物では、若布・ホタテ・ホヤ
など養殖漁業では高級品
開発には先見の地であり、
ブランドを確立していたが大震災
で陸と同様海、
壊滅的被害を被ったのです。

起ち上がるにも2、3年で上がれば御の字である。
それには
資金力のない零細漁民には何ヶ月の差で
来年収穫できるかを
綱渡りの状態、県会議員が
不在は浜の漁師は危機的状態でも
ある。 

確かに国会では県選出の議員の動きを常に
注視し党利党略の
渦に巻かれないようにしないと、
国政選挙時にしか顔を出さ
ない議員などは不要と
しか言いようがない。
 
県議会議員などは中央政界の渦に巻き込まれて
選挙区に頭が
上がらない。

近来何度県会議員が任期途中で選挙民を騙して
不在が続いたハッキリと任期全うしない議員
などは住民は
要がないに等しいのである。 

常に口先3寸では信用が置けないと
開票の結果が楽しみである。
政権党に着いた
からと言って此処に住む住民は、言ったことを
当選の暁には反故にするのみ得は過去を見れば
答えが出ている。

だれが立候補しても良いが己等のグループだけが
得する中央
政界の一部人間に繋がっても、後は
野となれ山となれには困った
ものである。

我家などは高いところに住んでいるから丸見えの
環境、選挙運動が始まると、相手方連中の標的に
なり、出入り
が常に完全に監視されていて、
後を付回されるのが常である。
 

そのような妨害行為は逆に作用するはずなのに
夢中になると
己等の勝利しか考えないようでは、
所詮元の木阿弥だろうと
思うが、清々堂々と
戦い内とは本当に情けものである。

 
話せば判るとは口先ばかりである。

 
知らぬが「仏」とはこの事なりである。

 
市議会選挙定員2人オーバーは熾烈戦いに
なるだろう。
柵で敗戦候補を応援した事があるが、
敗戦時には支援者が開票
時には支援者皆がトイレに
行って帰ってこない時もあり、候補者の
惨めさは
見ていられないものである。
地域の血を吸う議員は
ご法度である。中央政界に繋がりがあるなどと
口に
出しべきではない。

市民の目線のない候補者は必要ではない。
 




 
posted by kanno at 07:40| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

175日目 漸く前へ

このたびの「東日本大震災」に際して、
「職人がつくる木の家ネット」
NPO緑の列島ネットワーク」の
皆様はじめ多く方々に御見舞いやら
励ましのお言葉を、そして物資の
ご支援を賜りまして、
終生忘れることが出来ません。 

こころより感謝申し上げます。
ありがとうございました



昨日「建築構造」の専門家の先生と連絡が取れました。
今回大地震について話しことができましたが、今日9月
1日は関東
大震災の記念日、東日本大震災も175日目、
細々と進まぬ復旧・
復興に国はなにを考えているのだろう。

 
震災直後は各党の国会議員先生方が、被災地に大勢が
視察に
来たが何を見、何を如何すれば良いのかを考えた
のか全然と
言ってよいほど表には出てこない、大事な国会は
党利党略の場に
して騒ぎ起てるしか脳がないのか呆れてしまう
果たして国費と
多くの時間をさいて何しに来たのかを、考える。

 
被災者への配慮などは何処かに飛んで、馬鹿丸出しの
大騒ぎで
ある。先日も書きましたが、「同情するなら、早く救済の
ための銭を
配れ」と言いたい、国民は心の底から救済しようと
ボランテアとして
毎日被災地で、片付けを行なっているのは
報道で判っているのに、
全然国家中枢はここぞとばかり税金の
無駄遣いに終始とは呆れて
物が言いない。

 
終戦生まれも60半ば越えて多くの地震に遭遇して来たが
今回の
地震はM9の割には全然被害がない。1978年の
宮城県沖地震
よりも軽いです。建物への影響も少ない。
確かに長時間揺れた割
には被害が少ない。昔から「津波」
お越し地震は建物被害が少ない
とも聞いている。

 
建物被害は約1ヶ月後に起きた地震の方が大きく建ても
などの。
構築に大きな被害の爪あとを残したのです。我家の
外トイレなど
腰壁のタイルなどは下地から浮き、茶の間などの
内部壁なども
浮出した。昭和46年築、現法では「既存不適格」
建物レッテルを
貼られ地震倒壊危険大などと、先人棟梁の
仕事にそんなに狂いが
出ては堪るか。 

戦後のバラック改良建物など比較するではないと
考えるが、
首都圏の戦災建物を標準にして建てものを考える建築
研究者などは詐欺師のお先棒担ぎが、日本の研究者などと
自認
するほど「アホ」と違うか、材料のも触れじに判ったことを
ゆうなと
言いたい、日本古来の木造建築を批判しか出来ない
研究者など
完全なる詐欺師と言いようがない。・・・・・・・反論
できるなら民家
建物から聞いて貰いたいものだ。






 
posted by kanno at 07:50| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。