シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2011年05月31日

第1波津波・・・・・・野島の岩肌が消えた

MEMO0010.JPG
第一回最高潮位、対岸石垣が引き波に・・・・・・・
次回は拡大します。この後恐ろしい風景・・・・引き波が嗚呼

15時34分であった。

縄文遺跡+貝塚

 

1千年に一度あるかないかないかの大津波。
スパンが長いと人は「間」を忘れるのだと気がついたのです。

我が家海抜35mの丘の上、歴史学先生(施主)に我が家の手前20m付近の畑の角に
「10年位」前、道路建設時に貝がたくさん出た、正月年始祝いに訪ねてきた。
その貝を見て、昔、貝塚があったのだと教えられた。
その時の話では陸前高田市内の貝塚は標高30m付近にあったと聞かされた。

MEMO0010.JPG
野島の岩肌が見えない。普段の野島は後日

そうすると「縄文」時代あたりからこの付近に人が棲みか構えていたのだと
想像がつく、当時人類も水辺の近くに住んでいたののだと解る。危ない所に住む現代人より
危険察知が早い古代人らしい生活であり。今回大津波で疑問が解けた。

MEMO0078.JPG引き波恐ろしい風景です。近景は後日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漸くブログにたどりつきましたが、写真掲載や長い記事を掲載は光通信が
正常に成ってから出ないと無理なのでしばらくはギリギリで掲載します。

津波の詳細は

失礼を・・・・・・・・・・・・・・・シンタックホーム・菅野 照夫



posted by kanno at 14:34| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

記録 大震災

P1040401.JPG昨日市内全域で電気がつきました。今日で震災80日目です。

津波第1波

2011 03 11000 被災より・・・・・・・80日目 このたびの「東日本大震災」に際して、「職人がつくる木の家ネット」「NPO緑の列島ネットワーク」の皆様はじめ多く方々にお見舞い、物資のご支援を頂きまして、終生忘れられません。こころより感謝申し上げますありがとうございました。


 
3月11日午後3時46分東北地方は 天地が突如引っ繰り返り、地鳴りと共に大地が大きく長く揺れ人々は右往左往し、隣人は家にいることができずに我が家にオッカナイと身体を震わせて駆け込んで来た。とにかく収まるまでの間安全なところに身を於くしかないのです。 そして、人々は破天荒な行動に変わったのです。


11日には車で1時間も掛かる「釜石」山仕事に行ったまま、翌日の昼まで不明の侭帰らずの、娘の亭主には何をさて置き、多くの皆様に無事を知らせる事が先と考え、腰から下は泥だらけになりヒョコッリ帰った事などを忘れ、途中被災しないであろう、「
NPO緑の列島ネットワーク」理事長大江忍氏(愛知県日進市)と「職人がつくる木の家ネット」持留事務局夫妻に際連絡すれば後は何とかなるだろうと考え。 13日に内陸の4号線沿いの町には携帯電話での連絡可能だろうと考え依頼したのです。


この先どうなるか予想できず動く事を考えると車の燃料を手当てしないと動きが取れないと予想、あるだけのポリ缶を用意して買うこと、炊き出し用米の精米するためにとにかく燃料が先・・・・・・・・勝手だと娘に雷を落とされたが御かげで炊き出し支援の米の精米ができた。
  

続く・・・・・・・携帯より。上手く繋がりますよう。光ケーブルまだまだです。
 

直後の校庭
P1040394.JPG
posted by kanno at 19:35| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。