シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2010年12月22日

「スズメハチ」の国と「蚊」の国の民

「センカク=カンコク」そして「ホウチ(法治・放置)国家」と比較

 

201097日午前に起きた事件、最初は「粛々」と〜〜〜時間が経つと「ヨタヨタと」と、無様な恥を晒し。どちらにも同「隣国」、今月18日に同様な事件が起きたが、此方は毅然とした対応。

 

怖い「スズメハチ」に文句を言えない何処かお国と、人口が我が民の半分の隣国には侵されたら自国の正当性で「凛」と対応は見事と言うしかない。

 

銭儲けのためには「売国」もショウガナイと卑しさが露骨である。・・・・・・・・・だから国際的に「馬鹿」にされるんだね。

 

わが民は、「蚊」が飛んでいるが如く、両手で法を使い「蚊」を叩きノメシが如く裁く姿を見て誰のための「法治」国家なのだと言いたい。

 

もちろん本物の「スズメハチ」も怖いが、民を「蚊」ごとくに扱う。このような政治は誰もが信用しなくなる。4億の銭が見える事に焦点を絞り国民の目線を誘導するのは可笑しい。


221222.jpg何に見えます「魔の手」?????
 

それを知らない振りする「マスコミ」も同様だ。できるのは「燃え盛る」火に油を注ぐ事にしかできないなんて「マスコミ」も同罪であり、視聴率さえ上がれば後は無責任の割烹着で一生懸命報道する格好だけだ。

 

官房機密費は如何するのだろう。(裏が一杯ある官房機密費)オザワの銭なんか今の国会議員の懐に大半納まっているのだ。それを「政」題にして与野党が騒ぐなんて誰のための政治なんだと言いたい。  
1件・・・・・http://yahhoo.cocolog-tcom.com/goodwill/2010/05/post-29da.html

 

国民から巻き上げた「税金」を湯水の如く使い、好き放題に懐に入れ、騒ぐ事で目線を逸らしとは国民はアホではない。こちらも壊された船の賠償を請求せよ。それができないなら国会議員を辞めて下さい。成りたい人がワンサトいますが。

 

一度「そろばん」のようにゴハサン願うが、でも最後は「そろばん」勘定でお願いします。珠にもなれず、枠の外が多すぎるのではないのか。英国政治ではないのがこの国「ヤクザ政治」恫喝集りが日常茶飯事では、民はストローの為に働くしかないのか。・・・・・・・・・・?


 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

21日の訪問者 (PC内 224件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

 

posted by kanno at 07:58| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

「大道」とは何ぞや・・・・・・「金色鯰」

年の暮れに「金色鯰」・・・・・・・ピカドン?大地震の前兆?

 

和歌山県立自然博物館

http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/10kin-namazu.html

毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101220-00000039-maip-soci.view-000


10kin-namazu.jpg和歌山県立自然博物館
 

今の世界を見ると「根深い対立」だらけな現在の地球ではないのか。

 

果たして「2011年」はどうなるか?・・・・・・「核爆弾破裂」か「天変地変」

 

世界を見ると同一民族の半島問題「北との関係」、自爆を待つしかないのか。

 

信頼できぬ「国の中核」信頼遺失の国会議員、誰が就いても根本零の根無し草だ。

 

明治維新で武家社会が崩壊したように、世界を見る政治家を育てないと。

 

政治家の支離滅裂ボンクラ議員にもっと「世界観」や国民目線がないのか。

 

2011年は国政に変化、ドッチミッチ「風船政治」の爆発か、息の根を止め萎むか。

 

戦後の腐敗政治を変えたが、もっと始末が悪い「馬鹿丸出し」では話に成らん。

 

卑しい嫉妬政治は国民に最高の不幸である。「おふくろ」と「ママ」の違いだ。

 

「空カン」をカンカンタタイテも何もない。出るのは「無能政治」の膿ばかり。

 

隣国との国交開国の言葉「小異を捨てて大道に就く」意見の相違は時が解決デキル。

  

国民・政治家の皆様・・・・

 

異常な「マスコミ」は、この世の「猛毒」以外になし、皆、中毒に犯されている。


 
「観世音」の教えを学ぶべし。新幹線の窓の景色より先が見え、考える事ができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

20日の訪問者 (PC内256件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

 

posted by kanno at 07:08| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

現代棟梁大文語録 八

20世紀に生きた大工棟梁、田中文男師が残したことばで印象ある部分を残す。


・・・・・・『やっちゃいけないことをいくつしっているか』H・・・・・・・ 


「人に迷惑かけるな」
「人に笑われるな」「人にやってもらいたくないことは死んでもやるな。やってもらいたいことだけやれ」

これがやっちゃいけないことのイロハ。
「慣れて身に付ける」「教えてもらって覚える」の二つがある程度身に付くこと、職人として世に出られるのです。 


 
・・・・『慣れて身に付ける、教えてもらって覚える、習って高めるI・・・
 


大工の技術取得法は、大きく三つに分けることができます。

「慣れて身に付ける」「教えてもらって覚える」「習って高める」です。 
「慣れて身に付ける」は技術習得が基本です。

いろいろな道具を自分の手足として使いこなすための修練なんです。

 職人は道具を自分の手足の一部にして物を作っていくから、自分の体に合わせた道具の作り方から覚えていかなくてはならない。

これは慣れですよね。
これを怠ると一生ついてまります。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

19日の訪問者 (PC内186件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 07:58| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

目出度い「はし」と、悦びの「あな」がカサネガサネお祝い

1219-0.JPG喜びを伝える紙面「岩手日報}記事から6面全部写真コピー新聞社が訴えてくるかもご免。・・・・・・・・・

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20101219_2

都会に暮らし方々には日々の変化が目に見えますが。
本州最果ての地にも、明るい話が2年半ぶりに昨日お祝いがあった。 今朝の岩手日報の朝刊は完全復旧と喜びで埋め尽くされました。

 1219-00.JPG1面左中頃 大勢が渡り初め

2008
614日突然地鳴りがして激しく大きなゆれが来てビックリしました。
その地震、「岩手・宮城内陸地震」で「須川温泉」行く途中に掛かる祭畤(まつるべ)橋が落下した。

1219-2.JPG左開通した新橋 中が仮設橋 右が保存橋

バスなど大型車は秋田周りを強いられていたが崩落斜面の復旧が早くて、今回の祭畤(まつるべ)大橋の開通で地震被害地はほぼ復旧した
もうゴジラがきてへし曲げられたように沢に落下、想像を絶しる形であったが、その橋も後世に被害の大きさを伝えるために保存し見学者に「晒し」事になった。

1219-1.JPG中折2面特集

 
一ノ関から西方向にそびえる「須川岳」(別名岩手県側・宮城県―栗駒山・秋田県―大日岳)一関市〜国道342号〜厳美渓〜須川高原温泉へ通じる重要な国道が遮断され不便だったのが予定より半年早く開通、佐藤家4代が渡りそめをして開通を祝った。

1219-3.JPG四代の渡り初め

もう一つの悦びは、
20101129日に紹介した「三陸道・唐桑道路」が今日午後3時開通です。現唐桑トンネルを出ると直ぐ半径35mの魔急カーブをある。事故多発区間が約2kmの長さのトンネルが開通です。今まで8分が3分に短縮、困るのは地元の方々ですが、大型車のアクセル爆音が無くなるが、その代わり静か過ぎる通りになるのは致し方ない。便利さに取り残される事になるも時代の発展である。・・・・・・・・・・・誰のための発展なのか考える。・・・・・・・全体???

1219-4.JPG 今日の開通を伝える記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓

  にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

18日の訪問者 (PC内207件)訪問者各位ありがとうございます。

ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

posted by kanno at 09:51| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

安全追求とは、安心追求では??

1218-1.jpg写真2008年12月実大実験 時を待つ

2008
年から始まった伝統構法、イヤ「伝統的構法」とは難しく考える研究者とのお付き合い。


 

20076月確認偽装不正から、ヒトタバにし思い切って解決しようと、当時の公明党大臣が「建築基準法大改正」を施行した。悪い奴を捕まえるために考え出した「生活弾圧法」である。

 

それには建築業界の縮小と大手ハウスメーカー擁護を兼ね備え、中小工務店・大工の締め出しを裏で操る方法を官僚が考え出し、天下り機関をアメ−バの如く増殖した法律である。


1218-2.jpg 
写真2008年12月実大実験 段々弱い所を見せる


以前から、霞ヶ関は中小の設計・管理者を管理する、都道府県の煩雑整理を考えていたとの情報もあり、この際整理しないと出来ないので「大鉈」を振るうチャンスを待っていたのも事実であるとも聞いた。施行以後周知の期間もなく、国民を、オンナをレイプするが如く振るい上がらせたのです。


 

そして「安全追及」を目玉に、その国民が騒いでいる内に矢継ぎ早に、瑕疵担保などまで泥棒を捕まえる荒縄で締めあげて事ごとく締め上げきた。その結果今でも地方ほど新築物件が大きくガタ落ちになり、関係する建築関連不況が続いているのです。果たして「安全」とはなんだと賭けて、○○○の不能と解き解く、国民は恐怖だ。


 1218-3.jpg写真2008年12月実大実験 各部破損点検


法律が強制施行後、先人から連綿と続いた「大工」等は完全にお手上げの状態、伝統構法を勉強していない確認機関は大慌て、長期に渉る確認でも確認が出来ない事態となり、それで国は検証しようと研究看板第一人者を筆頭に検証を始めたが、
3年目途が、途中で化けの皮が破れ、大臣が交代したら、赤穂藩みたいに「御取潰し」となり、再度で直しを強いられたのです。


 

あの、2年間果たして何であったのか未だに不明である。官僚の時間稼ぎと思われて仕方がないのではないのか。本年から、出直して9ヶ月目愈々来月に前回と違う方法で検証する事になった。

実験もさることながら、あと2年で本当に法制化できるが怪しいものである。


 1218-4.jpg
 写真2008年12月実大実験 最大震幅鷹取波


政権不安が根底にあり、困った以外に方法がない。・・・・・・・・其のうちに暗いトウダイが裏でごそごそと足を引っ張る算段も聞こえ、五里霧中が今の状態である。「社寺」とか「五重塔」がプレカットなどと化ける可能性が大だが、
3階建て住宅が倒壊したように、「木組み」出来ない研究者が五重塔をつくり倒壊などとドンナ工法を確立するのか見ものだ。


 

60過ぎた大工には想像ができないし生きているうちは不可能であろう。・・・・・・・・それが理解できない研究者もお手上げだろう。・・・・・・・・・しばらく「安心」ではなく「不安」の日々であろう。

1218-5.jpg  写真2008年12月実大実験 最大震幅鷹取波
実験完了

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

17
日の訪問者 (PC内 220 件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。

posted by kanno at 09:41| 岩手 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

01.20の実大実験見学→募集1時間30分で「完」

1217-00.jpg写真2008年12月実大実験、見学者が対面ステージ見学

12.13
下記のメールが公開された。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

取り急ぎメールしています。
伝統構法の検討委員会からのメルマガ受け取っている人は
ご存知と思いますが、念のため。

おそらく今日明日、
もしかしたら今日中には
枠が埋まってしまうかも!という勢い・・
なので、行きたい方は、ほんっっっっとに、お早めに!!


本日、12/13()10時から見学希望を受け付けます。
先着300名ですのでお早めに。

http://green-arch.or.jp/dentoh/

1217-01.jpg写真2008年12月実大実験、モデル

内容は次の通りです。


1/20() 兵庫県三木市Eーディフェンスにて
12時受付開始、17時終了予定)

・試験体 no.4 (石場建て、足固め、土塗り壁、2階建て)
・入力波は、日本建築センター模擬波(BCJ=L2


詳しくは公開実験特集のページでご確認ください。
http://green-arch.or.jp/dentoh/experiment_edefense_2010.html

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 1217-02.jpg 写真2008年12月実大実験、巨大空間の中で

事務局発表では


1
時間30分余で定員300名の申し込みが完了との事

 

ネット時代の恐ろしさ、パソコンを使用できない方には別世界です。

 

恐らく多くの真面目な方々は、PCの前で時間と睨めっこであった想像する。一昨年の時には、600名〜〜〜〜〜ズルク、配り多数の潜りもありましたが今回は厳格で、「顔」は一切ゴッハト、施設とのトラブルが多いので施設運営側から厳格を求められたのであり、運営者側の意見が通りません。

 

これほど「伝統構法」が注目を浴びたのは、100年以上の建物に対する建築基準法の「既存不適格」とレッテルが貼られ、如何しても修理しながらでも住みたいと多くの方々の希望を叶えるためでもあります。

 

100年の古民家を簡単に「既存不適格」などと烙印を付ける国・研究学者の横暴な考えともっともっと検証をしなければいけない事を怠り弾圧法を容認する国会議員の無知無能と文化の程度低さの露呈です。

 

経済が行き詰まりに、銭しか眼が行かない官僚と大手ハウスメーカーの考えと政治の無能さが多くの国民を惑わせているのです。法律に準じた「3階建て建物」実験倒壊がその実態を証明したのです。後での言い訳理屈は誰でも言います。それは富士山より高い証明書類を書いても恥の言い訳である。

1217-03.jpg写真2008年12月実大実験、実験完了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

16
日の訪問者 (PC内 214件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 08:07| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

特別・・・・・当たり前ドッチなの???

1215日の気仙の地域紙見開き2面にわたり「全面広告」を開いてビックリ。

先日の首長選挙前に、勇退した「4期・16年」実績を広告として掲載され読んだ。


1216-1.jpg
 

企画された方がどのような意図があってか不明ですが、国を含め地方自治体のトップは期間・年数を問わず、「民」の奉仕者として選ばれれば当然の執務、当たり前ではないのかと考えるが、こちらの考えが可笑しいのか。・・・・・・・・・・・真面目に考える。

 

このような足跡を引退後すぐに評価は「早計」ではないのかと思う。

8月に亡くなった。我々の「先人棟梁」が書いた本や話を聞いても、意味や内容がわかるのに「10年一区切り」なものだと教えられた。

 

確かに「4期・16年」の期間、おぎゃーと生まれた赤ん坊も中学を終える。

現在16歳の子、産んだ親も振り返ると「子」が生まれた時に首長になったのだと思う。街の大計を考えると、時に流され、必要に迫られ、地域に舵取りを任されたのであり、「民」や「地域」の暮らしを考えれば当然ではないのか。

 

「手品師」や「大金持ち」でもなければ、一般市民から選ばれたら当然しなければならないのではないのかと考えるが。(それが『特別なのか・・・・当り前なのか』読む方に任せる)

 

わが町も、来月末に首長選挙が来る、もう水面下では相手の中傷する卑劣な言葉が乱れ飛ぶ、ましてはその出何処はまた直接関係する。地域から選ばれた「バッチ」の方々から出るのも当然、一市民には聞くことが出来ても、語るに落ちるからその様なことにはジーと聞いている。戦略を考えると、4年前の事を思い出しと答えが出る。

 

我が家でも現在地に来る以前から、身内、親戚関係が他町村にわたり、睨まれ、我が家に来る途中の道に夜通し焚き火を炊いて、出入りの方々をチックされたものです。それが今でも続き、国道を跨いだ、道路向かいには車を止めて、監視されている。そして野蛮だから知らん振りしているが、どちらの陣営かも判っており、その時が来ると道で会っても、顔の形が引き攣っている。

 

アホらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンとと応援お願いします!ポンと


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

15
日の訪問者 (PC内 226 件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。




posted by kanno at 07:35| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 気仙の辺辺(あたりほとり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

飲み水・ビジネス

わが国ほど「水」の豊富な国は世界にないと思うが、今後、世界は水不足に供えその戦略を求める時が来ると予想されている。

 
巨大な隣国の行き着く先は、人口増に間に合わなくなるのは飲み「水」である。
自動車の燃料は徐々に、石油から電気に変わるのは自明の理であり、総合商社はその先を読んで「水ビジネス」に走り出している。 

わが国は「銭」を求めて都市に人口が集中して謳歌しているが、今世紀末には日本人が呑める水の大半は自国のものでありながら、中国から買うと言うチンプンカンプンの時代が来るであろう。現在の「政治家」は全然その実態に眼が行こうとしない呑気な輩である。
 

地方に人が居なくなり、残るは高齢者ばかりで「里山」の水源は放置されるのが目の前に来ているのを知らずにヌクヌクと、毎日毎日、箸で茶碗の縁を叩いてドンちゃん騒ぎの日々である。
 

戦後の住宅不足を補うため、メタラヤタラに「植林」したツケが里山の水不足を作り出し、真水の栄養水がなくなり、魚を育てる環境も悪化、その上、地方崩壊が急激に進んでいる。

タダでも山を持とうしないで、知らず知らずに中国が日本の山をセッセと買い求め、将来に備えている。
 山林地主は持っていても、次の代は売って「銭」が欲しいのが現状。・・・・・・・その銭は何時まであると思うのだ。

手から離したら目の前の川まで他国の権利が発生するのを政治家がわからないのでいるから「アホ」言うしかない。そして「馬鹿騒ぎ」のマスコミに踊らされているからもう手がつけられないのだ。・・・・・・・・・テレビが出来た時に言った「総白痴」のオンパレードである。
 

毎日が竜宮城くらしでは、今日だけ良ければ明日も同じに踊れると思っているからどうにも成らない。

 
山の標高の半分以下を針葉樹、その上は広葉樹にしないと、「国土」は守れないのです。銭を持っている方々に言う。将来の安心の為に 水甕」を持とう。


―――――――――――――――――――――――――――

いよいよはじまる「水」争奪戦 

http://allabout.co.jp/gm/gc/324365/

人口増加が見込まれるなか、水は貴重品に

日本に住む私たちは、水は空気と同じように、いつでもほぼ無料で手に入るものだと考えています。

家庭で水を使えば水道料金はかかりますが、それほど高額ではありません。毎日お風呂に入っても、月の水道代はせいぜい数千円です。・・・・・・・・後はネットで


 
なぜ人気? 中国人、日本の森林を相次いで買収

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101212-00000002-sh_mon-bus_all


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

14
日の訪問者 (PC内 217 件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 07:26| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

「耄碌」(もうろく)〜〜〜集団ではないの

人が手を繋ぎ、輪を組むは良い事であるが「和の国」の「核」はどうなって要るのだ。

 
芯は誰なの・・・・・・【芯】意味〜〜〜伸びる主幹の先端につく芽。取り巻き連中がいない

世界の誰が見たって「核」がないと見える、長く続いた政権を変えないと駄目だと
見た。国民の一票・一票で変えたら長期政権より「ノウタリン」である。

 
年齢は若いが「モウロク政治」だ。 「耄」は、平均寿命が五十歳のころの八十、九十歳の意。

「碌」は役に立たない意 ,
年をとった結果、思考力・記憶力などがひどく悪くなること。 

 
長期政権の堕落の考えの中で育ったが、変換したら「根本」はもっと劣悪である。「親辛抱・子堕落・孫ほいどう」と昔から言ったものだが、正に言葉通りだ。

 
戦後65年、来年で66年、31にしても、一代25年で区切ると「孫の
世代」
だ。
 

45代吉田茂から始まり、2期目佐藤栄作まで・・・・・・・1期目(親の代)
19467018代続いて、吉田・片山・芦田・鳩山・石橋・岸・池田・佐藤=25年間トップ8 633期目佐藤栄作が繋ぎ、

以後「子の代」 
64代田中角栄〜81代村山富一と続く18代、佐藤・田中・三木・福田・大平・鈴木・中曽根・竹下・宇野・海部・宮沢・細川・羽田・村山=25年間19701995年まで13 

「孫の代」の始まり、
82代橋本竜太郎から、
94代現菅直人と続くが中味なしの状態、現旦那まで12代、橋本・小渕・森・小泉・安倍・福田・麻生・鳩山・菅と、続き15年で1996年〜現在まで、9人とは破綻国家と言っても間違いない。 

特筆すべきが千日越えた「親」吉田・岸・池田・佐藤「子」中曽根のみ
「孫」小泉1人と千日、3年も出来ないでは国のトップとは良く無いのではないのか。 

2020
年、後10年で首がどれだけ変わるか。ケセン語で言う「カマケヤシ」を越えて現政権の「自己中」では「カマドケヤシ」が目の前に来ているのだと思う。

 国民が選んだ国家元首、スーパーマンが出ないと見たほうが好いのかもしれない。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

13
日の訪問者 (PC内 229 件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。
posted by kanno at 08:37| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

現代棟梁大文語録 七

20世紀に生きた大工棟梁、田中文男師が残したことばで印象ある部分を残す。


・・・・・・『一世一代の失敗』F・・・・・・・

一世一代の失敗といえば、千葉県の文化財の仕事で、門の柱のある面にノコ入れた事だろうね。

十八の時だった。
 

まわりは埋めとけって言ったけれど、埋めなかった、親方が木を買ってくれればと 思った事もあったけど、間違いは間違いだからね。それを埋めるなんて末代までの恥だよ。今でもそのキズが残っている。時々見に行く。ああ、ばかなことしたな、って。

 
中くらいとか小さな失敗なんてのは、しょっちゅうだよ、毎日だよ。図面だったら描き直しができるけど、大工の仕事はやり直しがきかないでしょう。 

俺はそういう大失敗をしているから、人の間違いは怒らないよ。でもね、明日使うのに「実は失敗したんです。この材、穴あけちゃいました」なんて後から言われちゃ、困るんだよ。失敗なんてのは年中あるんだから。早めの手当てが必要だよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2題目


・・・『職人を一律に論じるなんて、不可能だ』G・・・

 

 私は大工に限定して話をすことしかできません。職人全般にわたって話をすることは、私の能力を超えています。  

 一口に職人といっても仕事の種類は非常に多いから、それを一律に論じる事は不可能なん
です。職人には長い歴史があって、その実態は現時点では不明な部分が多い。なぜなら職人の業務内容が世の中の動きにつれて大きく変化していくからです。

 
 職人史の学問的研究は、経済史と建築史の先生がやっています。経済史では流通や生産の商業的な面をとりあげ、建築史では技術を切り口とした建築生産史を研究しています。両分野の成果を考えて、職人とは「修練した技術を持ち、道具を使って物を作る手工業者」といえると思います。
  
 建築職人は、自宅や工房で家内労働的に仕事をする「居職」と、自宅以外の場所、外で仕事
をする「出職」とに分けられます。木造建築の分野でみると、出職は鳶、土工、大工とか左官、屋根屋など。居職は自宅や工房で大半の作業をし、現場ではそれを取り付けるだけの、建具屋、経師屋、畳屋などです。

 
 戦後すぐには、私とおなじくらいの年の、車大工、船大工、桶大工がいました。 一番先に仕事がなくなったのは桶屋さんでした。彼は今、タクシーの運転手をしています。それから次に車屋でした。牛車や馬車が不要になって廃業せざるをえませんでした。彼は今農機具の販売をしています。それから船大工もだめでした。今は木更津の方にいる船大工がちょくちょく僕の所に木材をもらいにくるんです。なぜかと聞くと「名前を忘れちゃうから模型作ってんだ」と言うんですね。僕の所にもその模型が一つあります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ランキングに参加してます!
出来ればポンと↓と応援お願いします!ポンと↓


にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ    
  
にほんブログ村

12
日の訪問者 (PC内 211 件)訪問者各位ありがとうございました。
ではまた次回・・・・・・・・よろしくお願いします。


posted by kanno at 07:15| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。