シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2010年07月30日

伏見通り「民家」を歩く

稲荷駅を目指して幅の狭い通りを歩く、「伏見稲荷神社」への参詣で車道は、
車の数珠繋ぎ、その通りに面した民家の外壁、塀を眺めながら時代を読む。

0730-1.jpg

戦後作られたと思われる、「板塀」杉板なので年輪が浮き出て時代の流れを感じる。
でも職人の仕事は手を抜かずに「込み栓」止め、基礎と土台の間は「ねこ」を
挟んで、土台下の水切れ良くする「透かし板」を挟んである。

土台の腐食止めを考えた工法です。

0730-2.jpg

「ねこ」だけの腐食なら簡単に交換が出来る、現代工法のように、
基礎に緊結せよと法律にうたってあるが、確かにつくられた時は法律に合致するが
5年10年と立つと「美人」だって皺が出るのに、10年も現在のままでいて欲しい
なんて、劣化を知らない法律学者の考えることは可笑しいんじゃない。

まあ、国民生活など法律は関係ないと驕りがある限りこの国はよくならない。
今回の選挙にとんでもない大敗は、国民生活を知らない「トップ」のアンキョク
さは見ての通りである。〜〜〜〜トップになると足元が「幽霊」なる愚かさの典型だ。

0730-3.jpg

「米屋」のつくりは「重厚」「繊細」が感じる「木つくり」の民家は凄い。

伝統的「格子」つくり、職人の見る眼には手間がかなり掛かったであろうと思う。
排気ガスや空気中の塵が、吸湿性の木に取り付き汚れを出し、恐らく毎年水洗い
など行っているのだろう。水洗いの後が、木目を削りまた木の良さを醸し出している。

0730-4.jpg

「ささら下見板」竪桟のところで水洗いが止まるので、其処だけのこりまた微妙な
木目を出しているのです。これは時間がつくり出し物で、つくり手に初めから
要求されてもこのようなつくりはできません。

住んでいる方が作り出し模様であり、現在の家との違いが、此処でわかる「品格」では
無いのか、現在の住宅は、最初良くて時間とともにやつれ、「塗装」でリニアルしたのとは
大きな違いであり、「京女」が時間と共に外見を変えると同じだと思う。
0730-5.jpg

「家」とは正に「女」なりと或る方に教わったがその通りだと思う。


posted by kanno at 07:14| 岩手 ☔| Comment(0) | ■ 古民家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

本丸「御殿」復元工事見学―1

「尾張名古屋は城で持つ」と言われてきましたが。

今回運よく、その名古屋城を見学することが出来ました。
城は後日として、本丸の足元に昔からあった(第2次大戦の戦災で消失)
本丸御殿を10年計画で「復元」する工事現場です。

P1020190.jpg

工事は始まって、3年だそうですが、大規模な上屋の中で工事が行なわれていて
工事は上屋中の見学コースから見学が出来、大きな空間の中で本当に小さく見える。

3期に分かれて工事されるそうで、東部分の柱が建てられ、柱より作業足場に囲まれて
大きな建物なのに、縮小サイズと言っても過言でないほど空間にポツン見えるのです。

P1020189.jpg

工事現場の外囲い塀には「完成予想図」「工事スケジュール」「平面図」などが掲げられ
完成したら、京都御所クラスの建物が出来るという案内でした。

P1020187.jpg



posted by kanno at 07:03| 岩手 ☁| Comment(1) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

夏「土用」

0725-3.jpg
例年にない今年の暑さ、酷暑がぴったりです。
「夏土用」の入りは「20日」〜〜〜から18日間、終わると「立秋」を
向かえる。
「皆様、暑中お見舞い申し上げます。」

この暑さに「ブログ」ご無沙汰、夜明けと共に「田」の畔、家周りの「草刈」と、
日中では「霍乱」を起こして倒れてしまう。
意味「日射病・急性腸カタルなど、夏起こしやすい急性の症状」の意の老人語。」
俗に「鬼の霍乱(おにのかくらん)」

0725-1.jpg

16日からはイッテキの雨も降らず、野山で働く人々は本当に大変だ。
「土用三郎」の22日も快晴、今年は豊作間違いなしだと思う。
土用三日目の天気が晴れると「豊作」だと昔からの言い伝えが当て填るか。?
「大暑」23日は最高気温34℃を越えたのです。完全に酷暑です。

心配なのは「イモチ病」だけです。
明日は「丑の日」かなり「うなぎ」が売れるだろう。〜〜〜〜
0725-2.jpg
posted by kanno at 08:35| 岩手 ☁| Comment(0) | 節・節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

弱った「ニホンカモシカ」現る

先週の朝我が家の裏に「特別天然記念物」ニホンカモシカが出現〜〜〜〜

あああ〜どうしようもない。

我が家のオンナ共が大騒ぎ。


裏山の杉の木が伐採され、裸山になって隠れる場所がなくなり住処にされては困る。

しかし、よ〜く見ると、どうも容姿が変なのです。

何故か近寄っても動きが悪い、衰弱しているようなのです。

眼と口・鼻など皮膚の柔らか部分は、何かに指され腫れてブツブツ状態・・・・・

どうしよう。?マトモナ「カモシカ」顔ではない。

0708-1.jpg


8時前なので、役所も始まらない時間、ショウガナイので「110番」

受付警察本部では、「事件・事故」ですかと聴いてきた。

いやいや、弱った「カモシカ」が現れたので、どうしりゃ良いのか教えてとこちらも聞いた。

とにかく警察官を派遣するので着くまで監視してイテクレと頼みだ。


待つ時間というのは長い。

「ミニパト」で2人のオマワリさん。

容姿を見て、現状はわかったので、先ずは「市教育委員会」へ電話をしている。

「特別天然記念物」というのは難しい。


危害を加えるとこちらも「犯罪者」になり、罰金と豚箱が待っているので手を出せない。

「市教育委員会」からも2人の担当職員が、とにかく見て判断、次は「県の保健所」に

処置についてお伺い。〜〜〜〜〜〜〜また待ち。

マサカ宮崎の「口蹄疫」と同じではないだろうと心配した。

足の爪が割れている4本足は「牛・豚」と同じなので変な病気だと困るが

オマワリと話したが、入り口などには「虎ロープ」を侵入禁止ととんだ迷惑もの侵入です。


またもや、30分以上もかけて保健所職員の判断、また待機〜〜〜〜〜〜もうずるずる。

0708-2.jpg



とにかく待っている間に、ロープ持ってきて取り押さえることに、警察・市の職員立会いで

捕まえることに、首に輪を掛けて広い場所に引きずり出し、後足にもロープを掛け

暴れる鹿なだめて、転ばした首の部分に幅板を乗せ、完全に動きを封じ込め、4本足を

縛り終えたら、保健所職員到着。

獣医の目視診断でカタカナ名の病名、???????忘れた。


そのうちに2時間経っても来ないオマワリを心配して、派出所の所長ともう1人の

オマワリが現場確認と、我が家の庭には市・県の車と、パト2台が駐車、

通る方々は「事件」と聞いてくる。

イヤナンデモナイとカモシカ・・・・・・・・を捕まえたにで納得。


事件にせずに終えたが、この時代マスコミに知れたら危ない時代です。

仕事もせずに飛んだ「カモシカ」騒動で午前中は終わり・・・・・・やれやれ。

弱っているその鹿を保健所に持っていって、殺処分しかないだろうと1言で終わり。

0708-3.jpg


「特別天然記念物」ニホンカモシカ―――――農作物など被害の他に捕り物

騒動は今後は御免だ




posted by kanno at 07:08| 岩手 ☔| Comment(0) | ケセン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

「改修」の「改修」

約40年前に新築、15年前に屋根改修、そして今回内部改修・・・・・・・・・

天井や壁を解体して「不思議」発見。?

0702-10.jpg

前回「小屋組」改修時に取り付けた、「合掌組」陸梁と梁受を「金融公庫」仕様のボルトで
緊結しておいたのが、全部「ナット」緩んでいるではないの、もちろん全乾燥材を使用、
何で緩んでいるのか・・・・・・・・・解らない。

含水率の高い材ならいざ知らず、梁材は新規(10年以上桟積み小屋がけ)梁受け材
100年以上前の「古材」40年以上も小屋組みの中、水分はホドントないに近い。?

それなのに、緩むとは如何考えても「不思議」なのです。

0702-11.jpg

「基準法」は乾燥度問題を強制的に指摘しますが、完成後小屋裏等を確認した行政は
あるだろか。梁桁組の「蟻落し・京呂組」など「羽子板ボルト」等は工事中の
天井工事前に再度緊結やり直しして、天井工事しますが「建前」時の緊結などめり込む
ほど施工しているが、こんなに「遊び」が出て果たして、強制法律の誰が後始末の確認。

乾燥材でもこの通りなら、現在法律通りの建物でのボルト緊結の緩みを誰が締め直しのだ。
考えると、「プレカット・金物工法」などはこのようなボルト工法は果たして安全だと
誰が保障出来るのだと思う。

0702-12.jpg

「大量生産住宅」の規格を採用した工場の責任なのか、それとも現場施工会社の
責任なのか法律の怪しさの方がもっと怖いような感じがする。
責任追及は誰でも出来るし、このように見えているなら再度締めなおしが可能だが、
外部に面した部分は、外壁を壊さないと締め直しが効かないのを「研究者」や法律家
何処まで理解しているか、無責任に極まりないと言うことしか言い無い。

どんな法律があっても現場を見たことの無い「研究者」は無能であると思うのだ。

0702-13.jpg

この状態を、見た方は我が家はどの様な建て方だったのか知る必要があると思う。
木材と金物は昔から相性が悪いのは古代中国時代から言われてきたことである。

それを遭えて、使用強制をさせる研究者は浅はか以外にないと思う。


posted by kanno at 09:27| 岩手 🌁| Comment(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

「国利民益」の国へ=故事曰く

「小泉政権」後ドタバタ、一般国民にとっては大迷惑だ

「アベ・フクダ・アソウ=ハトヤマ・カン」と5代続けて

「槿花一日」ではないのか。

こんな無様な国会議員を選ぶ何者もない。・・・・・・・・・今回の選挙、思慮がない。


勝って「官軍」負ければ「賊軍」、総理に成ったときの「顔相」を見た、
危ういと感じたが、予想通りになった。

「耳相」の輪郭に纏める能力がない「凶相」と出ている。
パクリの相だ。


歴代「輪郭」の提督は「タナかカクエイ」以前の方々のみ。
以後は「貧相」のみである。

常に「党利党略」の犠牲、「民」の暮らしなどは「口先」のみ。
それに踊る国民はアホカ。


国技のように「国政代行」を。

戦後の混乱を鎮めた「第二のマッカサー」が必要では無いのかと思う。
統治能力がない「頭脳優秀」より「民の声」を聞く耳をもった「ひと」が必要だ。

 槿花は、朝咲き夕べにはしぼむ。
たった一日の栄華を人の世のはかなさにたとえる。


語:槿花=むくげの花。はかなき栄華。
  栄=さかえ。名誉。はなやかさ。

類:朝顔の花一時  邯鄲の夢  住人薄命
  槿花一朝の夢  陽炎の命  おごる者久しからず

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「梁上君子」―――――――哀れな民、

「盗人・盗賊」を選ぶなんて、鼠(ねずみ)に己の「一票」を托し。
水面に浮かぶ軽い者は、風任せではないのか。
年末に掛けてもう一度「大きな嵐」来る。
それも風速100mを越えるとの噂だ。


出典:後漢書・陳寔伝
1.家の梁の上に潜(ひそ)む者。盗賊。盗人(ぬすっと)。
2.転じて、鼠(ねずみ)。



時に歳荒民儉、盗(ぬすびと)の夜其の室に入りて、
梁上に止まる有り。
寔(しょく)陰(ひそ)かに見、
乃(すなはち)ち起(た)ちて自ら整へ拂(はら)ひ、
呼びて子孫に命(つ)げ、色を正して之(これ)に訓(おし)へて曰く、
「夫(そ)れ人は自ら勉(つと)めざるべからず。
不善の人未(いま)だ必ずしも本(もと)より悪ならず、
習ひて以(もっ)て性と成り、遂(つひ)に此(ここ)に至る。
梁上の君子是(これ)なり!」
盗(ぬすびと)大いに驚き、自ら地に投じて、稽(けい)ソウして罪に帰す。


時に凶作があり、民は飢饉に苦しんでいた。
ある夜、盗賊が(陳寔の)部屋に忍び込み、梁(はり)の上に身を潜めた。
陳寔はひそかにそれを見ると、立ち上がって身の回りを整頓し、
子供たちを呼び寄せ、教え諭して言った。
「そもそも人間は、自ら勤勉に勉めねばならないものだ。
悪人というのも、本性から悪人であるのではない。
悪い習慣が身についてしまい、そのようになってしまうのだ。
梁の上に潜んでいる君子こそ、まさしくそうなのだよ!」
それを聞いた盗賊は大いに驚き、
自ら梁より下りて来て、頭を地面にこすりつけ、自らの罪を認めた。



posted by kanno at 08:07| 岩手 ☔| Comment(0) | 未来が見えた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

美と味に酔う

7月4日「ブログ」の続き。

220708-0.jpg

大きな通りに面した「土蔵」風の店構え、「威風堂々」とドンナ自然の猛威にも・・・・・・
色、デザインとも「独自」な風貌、ものつくりの職人の考えが詰まっている。

設計者には奇抜さは合っても、無骨なつくりは考えられないと何時も思うが。
全国には多くの「ものつくり職人」がおるが、このような建物はあまり見かけない。

220708-1.jpg

先のブログの拡大「招く鯉」は入り口方向に向かいお客を導いている。
(写真右下の土間に2匹が泳いで案内)

なんとも好い内感じの店看板がまた素晴らしい。
店名「華花」の文字・・・・・・・・・「すべて乃人の心に花を」の小文字と好い

220708-2.jpg

職人の意気を感じる。

鯉に誘われ、〜〜〜中へ、「あっ」と声が出た。〜〜〜(後日)
posted by kanno at 06:24| 岩手 ☁| Comment(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

梅雨とアジサイ

0707-2.jpg

何時もの「梅雨」と違う今年の天候。

確かに1日も安定しません。
天気が良いと思うと空が暗くなり、大粒の雨。
身体むっと来てのジメジメ模様より
突然に来るのは例年にはない空模様です。

庭先のアジサイも白く花びらを付けました。
咲く前は去年の花が枯れても落ち時を忘れ
花びらを付けて今年の花と同居している。

古いものは消えなくてはならないのにと思うが。
1年花なのに、このあとどうなるか行け末を見たえ。

雨が多いために、家の回りは雑草が伸び放題。
駆る暇が無いくらいですが、駆らないといけないと
思うが、駆る時間がない。

「草・木・花と雨」ドンドン成長する時期。
この国も、草木の如く発展してもらいたいものだ。

00707-1.jpg



posted by kanno at 08:35| 岩手 ☀| Comment(0) | 節・節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

繁盛するコイが導く店へ

店の外から中へ客を誘う、「鯉」が棲む店に引き込まれました。

「緋鯉と真鯉」本当に悠々と泳ぐ姿が素晴らしい。
何時まで見ても見飽きない姿、「鏝絵」のスペシャリストの作だそうです。

220702-2.jpg220702-1.jpg


工業化製品では大量ならいざすらず、この道のプロ「職人」腕がそうさせたのだ。
愛知県大治町「沖縄料理の店・華 花」当店ママのご主人が経営する、左官の会社。
このお店を建築したのも岡田建工の職人さんです。

大勢で行くとすぐ満員になる、こぢんまりとしたお店でした。
腕1本の左官職人等が腕によりを掛けてつくったのだから、中も眼が回るくらい。
凄いです。あまりの良さに「泡盛」を頂きすぎました。

内部は後で。


posted by kanno at 11:09| 岩手 ☔| Comment(0) | ■ 伝統構法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

「技術の継承」

20100701-1.jpg

7月1日、今朝の「岩日報・朝刊」(今日の夕方から夕刊から休刊となる。)
「文化欄」14ページ


・・・国宝・重要文化財の保存維持に「技術継承の重要性訴え」・・・
「建物・仏像・美術品」等を永遠に繋ぐ事への重要性「京都・文化財保存修理所30年」
国が指定したから文化財とはわかるが、日の目を見ない「建物・仏像・美術品」にも
保存継承するべきではないのかと思う。

我々建物つくりでもそうですが、何かを伝え保存しようと「市・県・国」に訴えても、
担当者が開口一番「予算」がないで門前払いが数多くある。
もちろん予算が付いても、今度は近くにその保存できる方が居ないということも多くの
出費が必要となる。

先人等が繋ぎ残してきたものが、「金」がない。片や国民から法的に巻き上げた「税」は
法的作文を書いて「猫ババ」を、そして湯水の如く浪費した国。世界経済上位日本国は
官僚・国会議員等の思う壺で、一般国民は蚊帳の外、役人と関係した方々のみの私物かと
言っても過言でない。

口先では伝統文化継承などと選挙期間期間中のみで、国会という「天国」に収まると後は
「野となれ山となれ」カンカン政権も昨年の選挙公約を無視して、「消費税・増税」では
国民の浪費ではなく、国会議員・官僚の浪費のために「首吊り」を覚悟一生懸命働く
国民は「あほか」政権交代は民主党の掲げた「こうやく」を実行すると思うから
掛けたので、ジミントウ政権の延長線なら、今回の参議院は完全にパスしかない。

のうカンカン総理殿、鳥も駄目、カンカン照りも駄目では「反乱」しかないと違う???


posted by kanno at 10:50| 岩手 ☔| Comment(0) | 節・節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。