シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2007年10月31日

「環境ルネサンス」自然再生シリーズが始まる、そして読む

新聞大手、読売新聞が2007.10.30付けの記事「環境ルネサンス」NO154、『自然再生』@シリーズが始まりました。

筆者は読売新聞社 編集委員 紫田文隆氏 取材『ダム撤去共同で森再生』

末筆には『これまでにない斬新な発想で、開発にさらされた生態系の再生に挑む人々の姿を紹介する。』

読めるかどうか解りませんが、記事をスキャンしましたので何とか読んでください。

掻い摘んでの内容

○ 「で・・・・・・・・・・保全地域はどこまで・・・・・・ですか」と、――林野庁関東森林管理局の担当者が平然といった。「ここから見える範囲全部です。あの山の向こうは新潟県です。」

群馬県みなかみ町に広がる約1万ヘクタールの国有林「赤谷の森」。利根川水系の赤谷川が流れ、ツキのワグマやイヌワシ、クマタカが生息する。(中略)

象徴的な事業は、赤谷川の支流・茂倉沢に17基ある治山ダムの1部撤去だ。早ければ来年、老巧化によって底部が壊れている1基(幅25メートル、高さ7メートル)の中央部10メートルを壊し、魚が川にのぼれるようにする。(中略)・・・・・・・後は記事で読んでください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この記事を見つけてから、WEBを探しました。

ありました。やはり大手新聞社です。
昨年の今日,10.31からの記事が残っていました。
ありがたい、良い記事内容です。

このような記事が、各新聞社にあっても、アクマデもその新聞以外には掲載したがらないのも事実です。
この記事だけ読む為に、全紙取って読むことは不可能です。
その意味からも、今回の記事は仕事先で読んだら、店主がコピーしてやると言われ助かりました。
感謝感謝です。

もちろん、このような記事掲載してくれる「新聞」にはもっと感謝です。

これからの地球上に、大事なのを次世代に、この地上のアリガタサヲ理解し、くらして生けるものを繋ぐべきは、我々の義務だと認識するべきではなかろうか。

環境ルネサンス
http://www.yomiuri.co.jp/feature/kankyo/






2007年10月30日

優雅な「ボート」遊び

高田松原の西、古川沼と気仙川河口が合流付近に「岩手県立野外活動センター」に設置されているボート場近くの水門付近に車を停めて松原1周を歩く。




羨ましい。
一人で自由に漕いで近くまで来る。

休日をボートで過ごしなんて、
本当に優雅ですね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・優雅だね



ボート場を遠くから眺める。休み日は家族連れで多い。地元より遠くから人の方が多いと聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳しくは―――――高田松原野外活動センターTOP
http://www.echna.ne.jp/~takataya/top.html 
 
施設利用の――――〜 お知らせ 〜 
○当センターは、野外活動、スポーツ活動などができる研修施設です。200名収容の宿泊棟も備えています。センターでの研修及び周辺での研修活動の際に宿泊できます。

○利用日の6ヶ月前からご予約をうけたまわっており ます。(日帰りの体育施設利用やご家族での宿泊利用は1ヶ月前からの受付です。)

○体育館でフットサルができるようになりました。 ゴールも貸し出しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



巨大水門、真水と塩水の境で時化の時、津波警報時は稼動している。


2007年10月29日

味覚の秋

昨日に続く、
コメントのマーガレット07さん、二階から見た南東方向、家の前が市道、一番古い木は椿です。

分家した100年も前から畑時には在ったと聞いていますが、約36年前現在地に引っ越して、陽当たりが良いと椿は上に伸びないが、となりに30年前、家が建ち日陰になり出したら、陽を求めて上に伸びだしたのである。その他の木は、それ以後に何処からか飛んできた「檜、桜、松、杉」紅葉は年中赤い種類なので、緑の中の1本が目立ち、檜がグングン伸びだしたら、周囲の木まで刺激され、伸びています。

―写真― 庭の南東、自然任せの木々。(ほったらかしの庭木)




その椿の根元にアケビがはいてきたのです。その前には無かったのですが、自然界て、面白いですね。恐らく、雀などの鳥が食べ、木に停まり糞と一緒に根元におりたのが・・・・、それがはいたと言うしか考えられません。

―写真― 実が熟して落ちた「アケビ」を写真で記録、見事な形です。




3個とも全部開いて、夜、皆で試食、種が一杯入っていて甘い味なんとも言い無い味です。

―写真― アケビを開きました。




日曜日、地区の毎月会費などの集金に歩くと班長さん10軒を回り、そうすると各々の家にもバラティで、ご苦労さんと気をかける奥さんらが、台所から有もですが食べてと、色々な食べ物を持ってくる。
今晩のしばではこれで充分、無報酬の役が2年間ありがたいことです。

―写真― かつお・さけ・ほたての耳・よど・ブッロコーリ、多種おかず。




隣市の義弟が土曜日誕生日だったそうなので、長さ60cmはある「ロールケーキ」それを孫がおしそ分けだと、父子で来て一緒に食べていったのである。
世の中は何か目立たないことをしないと売れないのか、奇抜なことを考えるものだ。

―写真― 味覚の秋の1日





2007年10月28日

落葉の季節

庭先の木「椿・もみじ・桜・檜」―そしてアケビ、全てに秋の色が輝いてきだした。
木の下は歩くところのため、昨日の雨で落葉が1面に落ちたのを竹箒で掃き集めていたら、実の重さでアケビが落ちていた。

―写真― 椿・もみじ・桜・檜、木々色も鮮やか。




檜も、もう木の中の水を落としだし、幹の近くの葉が黄色くなりだした。
今年は去年より早く寒さが来るような感じだ。

―写真― もみじと檜の葉の色のコントラスト。




椿の枝や葉っぱを伝って、アケビ蔦がグルリト囲み、赤い実の隠れたところにはアケビが鈴なりになっている。しばらくぶりの実のつけ方である。

―写真― 赤い実も一緒に色取りを揃える。




葉っぱを無理に広げて、アケビの鈴なりを写真に取る。

この椿の下を車が通るので北側から眺めだ。コンナ庭先でアケビ見るなんてしばらくぶりです。

―写真― アケビの実




こちらはもう割れて、雀でも見つけたのか中が空っぽなのもあり、獣が食べられるものは人も食べられます。食べるだけで精一杯の古代人取っては、貴重な食料だったんだろうなあ。
ナンダカンダト言っても飽食の時代食べる人もイナイから残っているんです。

―写真― アケビの実が鈴なり。

山梨の木の家ネットの、かあちゃん、そちらにも成っているんだろうな。・・・・・・・・

タクミたちが雪ソリ走りをした坂の上の木々・・・・・・・・・





2007年10月27日

ボガヒリ

気仙地方のことばに、今はあまり使われなくなった
「ボガヒリ」ということば。

よく「としょり」(年寄り)とくらした昭和30年代辺りまでは、
日常的に耳にしていたのですが。

先日、店で買物していたら知り合いと一緒になり、
しばらくと、言いながらヨモヤマ話してたら、
何気なしに「ボガ だんべと」口から出ててきた。

「まあなぁ」アイヅツ

いやいや「ホント ダデバ」と返してきたもんである。

そしたら、レジの30代後半の ねちゃん+おばちゃんも、
シバラクブリで聞いたと、来たもん だもの

ははあん、この年食った姉ちゃんも、「としょり」(年寄り)
一緒にくらして来たんだな と、そうしたら「ホン ダッテ」と来たもんだもの。

だって「ちぇちゃどき」(小さな時)は「ぼがばぁ、かたんなよ」って
よく言われたもん。そして「ナヅカシー ダド」・・・・・・・・

「ボガ」(うそ)「ヒリ」(語る)

なんか「嘘つき」と言うより、相手に対して露骨な 表現よりユーモアがあって
地方なまりを聞くのも、また地方の豊かさかなあと感じた。

「へぇーひり」など言うことばもまだ残っている。(後日)

偽偽偽偽偽偽偽偽偽偽・嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘
偽偽偽偽偽偽偽偽偽偽・嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘
偽偽偽偽偽偽偽偽偽偽・嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘嘘―――
の天国ではないの、

それも3重奏どころではなく、億萬という「銭」のためのオンパレードだ

並べると隣国の軍隊の行進見たいだ。)だからパレードって言うんだ

上は一番偉いと言われる方々から将棋倒しのような毎日、
御身を庇い、欲・欲・欲の塊の「ボガヒリ」の連続だ。

そして生けシャーシャーと、そして何時かは バレるのをビクビクしながら。
こんな国は世界から馬鹿にされるは、当たり前だ。

銭ゲバ共くらし怨(恩)国よ。悲しいよなあ。・・・・・・・・

ボガヒリ」終わり。




2007年10月25日

伊勢河崎のまちなみ―10

外壁が張ってから、間もない家を見えました。
まだ、木の肌が真新しいのです。

店の名前は「炉辺焼き・あじっこ」という店です。
隣の家の植木なのか?

緑があるのもまたこの店を引き立たせている。

―写真― 落ち着いた佇まいだ。




縦長に写して見ても、ドッシリとした構えだ。
店の入口には、荷車が立てかけてある。
荷車時代の名残をのこし、
当時はこのような荷車が往来していたのだろう。

―写真― 妻口の下見板張りはこの地の独特な雰囲気




近くによって、荷車を見た。
軒先ののれんにも、しゃれを隠した趣はなんとも言い無い。
なぜかさりげない仕草を視ているような、ほっとする。

―写真― 本当に目立たない店構いが良い。




日本全国何処でもそうですが、電気・電話の外部引込み線の
「美」間隔の無いのには、かなりのイメージダウンだ。

何で、この通りのことを考えないで。このような電気配線を行うのか。
プロのやる仕事ではないような。

むくリの破風板の片方は台無しです。
作り手として一番気を使って取り付けているのに、
何題このような美意識の無い工事屋さんなら、こちらだったら怒るね。

―写真― これだけの仕事を台無しにした電気工事。






posted by kanno at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

出世魚の片マエ

「ブリ」と呼ばれる、1歩手前の魚「イナダ」
天然物を親戚の巻網船に乗っている方が、片マエ(半身)を持ってきました。
近所の方々に分ける為、半身で申し訳ないと誤りながらこちらこそ申し訳ないです。

(養殖物とは味が全然違う)

―写真― はち切れんばかりの「片マエ(半身)」




身を返し、骨から身を剥がし包丁に、油がギトギトして切れ難いとマナイタ係が大変だと悲鳴。
また身も硬い、市場に荷揚げして直ぐなもんだから、本当に身が硬いのです。
包丁が幾ら切れても、肉部分は包丁について大変みたいだ。

―写真― 半身を裁く、まな板係・・・・・・うぇ大変。




4人家族で食べるのには更に半分の1筋で充分、直ぐ箸をとりいただきます。
身が硬い、コキコキして歯ごたえは充分、美味しい。
最果ての地でくらし自慢は、「山野・川・海」の恵みに、感謝感謝、ありがたやです。

2日前も、定置網に入った銀色「鮭」、まだ真水に接していないから、薄黒い斑点がない、「ギガギガ」に光った奴の差し入れがあり、マナイタ係に刺身と頼む、鮭の刺身は嫌だとの返事、腹イタが心配なんだど。関係ない関係ない、此処の広田湾産なら新鮮で問題ないと、刺身で食べた。なんとも無い。

旨いの、一言で腹の中。・・・・・・・・

―写真― 4人で食べるのに充分でした。


――――――――――――――――――――――――――――――――



「ウィキペディア」から
「出世魚」

代表的な出世魚であり、大きさによって呼び名が変わる。関西と関東でも呼び名が異なる。また、地域により、関東、関西、双方の名前が相互に使用されることもある。

35 cm 以下のものを、関東でワカシ、関西ではツバス、ヤズ、北陸ではツバイソ
35〜60 cm のものを、関東でイナダ、関西ではハマチ(魬)、北陸では、フクラギ
60〜80 cm のものを、関東でワラサ、関西ではメジロ、北陸ではガンド(ガンドブリ)
80 cm 以上のものをブリと呼ぶ。

稚魚はモジャコ、体長 15 cm 程度のものをコズクラ、コゾクラとよぶ。

魚屋や料理店では、養殖物であれば大きさに関わらずハマチ(魬)と呼び、一方、天然物をブリと呼んで区別している場合もある。

と書かれていました。




2007年10月23日

現場からのおみやげ

夕方、仕事帰りの職人さんが建物の1部を解体しなくてはならず、屋根の棟の瓦を外したら、誤って落とし、割れた瓦の破片を持ってきた。

職人曰く、何で焼き瓦の中が、「最中(もなか)」のお菓子みたいになっているのと言う素朴な疑問を嘆けかけて来た。・・・・・・・・・う〜〜ん。

これは瓦の製造過程で瓦を焼く温度の不足で起きる現象なのだと説明した。

この地方の屋根瓦は、昭和40年代前半までは「セメント瓦」であったが、後半からは隣の県で焼き瓦造が始まり、以後爆発的に売れ、滅茶苦茶に儲かりだしたのです。

そこに他所から来たベテラン職人さんがアドバイスして、地域産業として1時代を築きあげたのです。

―写真― このような瓦は叩くと音が鈍く、金属音に程遠く、叩くと品質が解ります。焼きの良い瓦ほど金属音に近いです。




赤瓦―黒瓦と、屋根の色も変わり色もカラフルになり、現在は多種多様な屋根の形になったのです。

何でこんなに売れたかと言うと、海の傍だったいうことが第一です。

そして「入母屋」つくりの屋根が多く、このような「焼き瓦」屋根を葺くなどは、神社お寺ぐらいだったものが、格安な値段で葺くことが出来たのと、伝統的な大工職人達がつくってきた木造建築がそれに拍車をかけ、第1次産業が豊かだったのも起因しているのです。

しかし、なんでも時代が変化し、今は第1次産業の衰退、月給取りの時代に変わり、屋根にだけお金をかけるわけに行かず、瓦屋根の時代も大きく変化しだし、カラー鉄板の屋根に変わってしまったのです。

気仙の屋根は、昔のような「甍」の波が消え去りつつあるのがこの頃の風景です。

―写真― 見事なアンコウの造りです。笑いが止まらん時代の瓦(不良品)






2007年10月22日

昔のメインストリート、今はカボチャアート

町を車で移動中、おやぁおや〜何だろう。
どっから持ってきたの???
20年前は結構賑わったメインストリート、
今はカボチャアートに変わりました。

買い物客が遠のいて、カボチャの数の方が多くなった町景色、誰の提案なの。
どのような意図で考えたというか、まあ景色に変化があって良いわ。
まあこれも何もせんより話題性があって良い。




誰がつくって持てきたのの方が、興味がある。
だぁれ何だろう。この町の中で栽培されるとこもない。
本当にただ無造作においてある。
このような町景色で人が来たら、もっと面白いかなあ。




日本全国シャッター通りになって、集約された大型店にしか買い物客が集まらない。
小さな店で、経費ドコロカ、まっるきり日当も稼ぎ出せない。これが日本経済だ。
土日は隣町から遠くの町まで買物に行く、こんなカボチャ通りに来るのは
この通りの、お金を預かっているところに用事があるから、来る人の方が多い。




おお日本国よ、大きな町から離れている何処の地方ももうあかんわ。
皆、大きな町に田畑と家を、曳家を使って移動させてよ。
集約することは、無駄なエネルギーを使わず経済効率が良くなんじゃないの。

お国の丸福さん、大旦那になったのだから、経済効率を考えても
その方が「総選挙」にも大勝利すると思うよ。
こんな小さな町は人口の多い町に皆連れてって、頼むは。・・・・・・・・・・

わが町、陸前高田市高田町「大町通り」です。
見に来てね。・・・・・・・・・・




2007年10月21日

続 可笑しな国、なにを考えているのだ

ブログの続き、朝日新聞記事の最後の方。

http://www.asahi.com/housing/news/TKY200709050367.html

・・・ 長寿命住宅は初期の建設コストが一般住宅より高いため、返済期間50年の長期固定住宅ローンの開発にも着手する。一連の事業に向け、08年度予算の概算要求に108億円を盛り込んだ。・・・

何とアホナ、「返済期間50年の長期固定住宅ローン」だって、1代が25年としたら親のツケを次の世代が無理やり背負うなんて、実現できると思いますか。誰がこんな発想したんだろう。

借金も財産の内だといいますが、「利」を生むなら背負っても、「負」が段々増えるのを背負う人が今の日本にどれだけいるだろう。恐らく皆無だろうと思う。事業に失敗しての借金だって自己破産して放棄しているのに、どんな人が考えたのだろう。

新築・不動産取得しただけで、税金がたんまり掛かるのに、最初から50年を持つと決まられたらとてもじゃないが無理だと思う。まして銭ばかり高くて、安物の中身オンパレード住宅の時代に、何を考え百年千年の体系見通しも無くて、50年後の日本がどうなるのかも予想できずいるのに、まあまあ大変な国家になったもんだ。

我々が、今建てている「家」五十年ドコロカ百年でも大丈夫でしっぜ、法律や国の施策で家なんか持ちませんが。長持ちする家は、作り手が一番知っているのは、阿呆の意見だと思って取り上げる姿勢も無いのに、何考えてこんなことを計画しているんだろう。

まして予算「108億円」何に使うの、1棟5000万円としたら、200棟建てられまっせ、金物を馬鹿みたいに使用したら持つなんて思っている役人や、それが良いと思っている研究学者などは、ヘリ口は喋っても、「1棟の家つくり」もできませんのに、.そして作りても育成せずに先人から受け継いできた「職人」を食い潰した政策をしておいて、今更ちゃんちゃら可笑しなことをして、108億円は「銀座や赤坂」の夜の家の中に消えるのが落ちでしょうが。違いましか。・・・・・・・・・阿呆みたい。

遣ってられないよ。―――(こんな唐辛子の意見もアッテ良いでしょうが)




posted by kanno at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 木造建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。