シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2007年04月16日

口伝を書いた「某棟梁」のことば 「りの三」

50年後に強さを保っているか
 そこなんです、大事なんは。

■愛着と責任あって正しい研究が生まれる


データをだす人たち、学者の人たちは、そこがバカになっている。
なぜか−。

愛着も責任感もないから。

ものをつくる人間は、そのものに対する愛着と責任感が生まれる。

その愛着と責任感の度合いのいかんで、正しい研究がなされるか否か、が分かれ目になる。

そこなんです。

だけど、造ったこともない、愛着も責任感もない人たちが、データや数字をだして「ああだ、こうだ」といい、

それをまた安易に「これで分かった」なんていう人がいるから、日本の建築はおかしくなる。

滅びてしまう。
 
むしろ、そういう人たちは黙っていてくれたほうがいい。

そのほうが皆勉強しますよ。

正しい研究がなされる。


―写真― 朝の散歩松原から見た真南の広田湾口・左が岩手県右の突端が宮城県
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この考えに別のご意見があるかたは、コメントをください。











後3回ほどで、関西の棟梁の言葉が完了予定です。

前は早朝ブログ発信していましたが、当分午後の時間体に発信します。




posted by kanno at 19:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 木造建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。