シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2006年03月26日

「山の神」を見た、本当か。?

青森県旧金木町、とはいってもピンと来ないかも、
津軽半島の中ほどに位置した町、そして
「斜陽館」と聞けばわかると思います。
作家太宰治の生まれた町、生まれた家なのです。
「斜陽館」が旅館として、営業していた時に
太宰が子供時代に寝起きした部屋に宿泊でき、
一夜の宿でしたが、泊まれました。






前置きが長くなりましたが、「斜陽館」は後日
駅から東へ車で20分くらい林道を走ると小高い丘に
巨大なヒバの大木が目の前に現れる出ないの
本当に「山ノ神」です。とても近寄りがたい姿です。
樹齢800年以上、根元から上数メートルの所から
幹が分かれ、その数12本が天空高く伸びている。
新しい幹が生まれると、古い幹が枯れていくとのこと。
そして常に12本が伸びていくのだそうです。
樹名は「12本ヤス」、魚を突いて取るのに似ているので
ついた名前なそうです。





自然の営みと考えるとなんでと不思議で堪らない。
山ノ神の祭日は旧暦の12月12日が山終い,そして
1月12日の山入れまで、昔からのしきたりで山には
入れなかったのです。
だれがどのように決めたのか、とにかく12と言う
数字の魔物に大いなる不可思議を感じるのです。
台風の時なので、写真は2枚しか取れていませんが
ITのお蔭で検索を掛けると必ず何件かが掛かり
見ることが出来ます。


とにかく傍に近寄りがたく、圧巻で息を呑み言葉が出ませんでした。





斜陽館看板

全景内部は後日掲載します。

青森にお出かけの時は1見の価値があります。
タクシーか車移動でも、山といってもほどんと
平坦地を移動しますので歩ければ大丈夫です。

写真
1 右下の人と比較して

2 巨大な根元

3 案内の看板

4 今はあるかどうか旅館当時の看板

12本ヤス http://www.asahi-net.or.jp/~it8k-kjmt/kigi/hiba12ys.htm

巨樹 http://www1.ttcn.ne.jp/~naturelog/kyoju.html






posted by kanno at 06:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 節・節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。