シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2005年07月25日

伝統構法―木組み(「気仙大工槌蔵の家」の家)1

化学建材を一切使用せず、もちろん「シックハウス」には無関係な地元気仙杉・松等を使用、筋交なしの「落とし板壁ダホ栓」の家は、面内試験で「壁強度3以上」をクリアしました。
土台穴・柱枘は片寄せ蟻楔と込栓止、
桁梁等の柱枘は重枘差タル木(4寸角)上部まで貫通、
二階梁・梁枕の取付は「兜大蟻」逆滑りダホ栓又は重枘差しとして、補強金物一切使用せずに建てました。



もちろん構造強度は「M田建築構造事務所」「元木材高度加工研究所教授・鈴木先生」に監修アドバイスを受け、完成時には県の土木部住宅課担当の立会いの上、完成強度を機械試験の結果、倒壊の危険性はほどんと考えられないとの結論を得て、「住宅金融公庫」完成検査に合格しました。


気密・断熱等も、床下には自動鉋機の鉋加工屑に石灰を混合、鉋屑の上下には柿渋紙(クラフト紙)で気密を保った。勿論屋根板(30o厚板)の上に柿渋紙(クラフト紙)と外壁下地も柿渋紙(クラフト紙)の上に、土に返る薄い断熱材(アポロ宇宙船に使用)を吹付けました。又板壁だけでは生活者の心理が不安定になるため、小屋等の3角壁には「珪藻土」で仕上げを行って、「木」だけの不安感を解消しました。


この板蔵工法は現在、気仙大工建築研究事業協同組合の「気仙大工槌蔵の家」(意味、大工が造る)を商標登録が認められまして、組合が建築工事の受注を行っております。
また、組合活動が認められて平成15年、「地域ブランド」育成補助があり、床面積10u以内の「ミニモデルハウス」も展示公開中、「静かな独立部屋」として好評得ており、尚「気仙大工槌蔵の家」の間取り等はフリーサイズになっており、建て主の希望に添える形で建築致しております。



(写真の家)は内外とも塗装は一切しておりませんので、室内の床(桧・松板)を素足で歩くと木の温もりが伝わり、時間と共に木から出る樹脂・人の汗室内の色々な空気中塵などで、自然な艶が出て柱・壁板等は飴色になってきております。やはり時間と共に深みにある家になっていくのは、つくり手として長く住んで貰えるのが何よりの喜びです。


posted by kanno at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 気仙大工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。