シンタックホーム 菅野照夫
   にほんブログ村 住まいブログ 伝統工法住宅へ にほんブログ村 にほんブログ村 住まいブログ 大工・職人へ にほんブログ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ にほんブログ村

2005年07月14日

気仙船大工、千石船建造・4隻目

今から10数年前(平成4年)「三陸海の博覧会」が釜石において開催された時、気仙からの出展に、木造和船「千石船」いわゆる「北前船」を気仙船匠会(船大工集団)が地元材(気仙杉など)で建造、大きさは気仙船大工の技術の粋を結集した、華麗で勇壮な千石船「気仙丸」。史実や学術的に忠実に復元された弁財船としては、わが国初めてのもので、長さ18m、350石積み(約60トン)、帆柱17m。建造するにあたっては、気仙地方の官民が一体となって街頭募金などの運動を展開。それを契機に気仙船大工は「気仙船匠会」(会長新沼留之進)を結成して推進した。そして博覧会では最高賞の「エキスポ大賞」を受賞した。

博覧会以後、「気仙丸」の話題が全国的に知られ、2隻目新潟県佐渡小木町に「白山丸」3隻目が大阪「浪華丸」と建造するたびに段々大きくなり、現在青森市内で建造中の「みちのく丸」(HP)は「気仙丸」の約2.5倍の大きさなり、次の建造地(山形)では更に大きくなるとのこと、今後益々、「北前船」の寄港地日本海沿岸を中心に、各港が建造を予定しているとの事、南は九州から日本海、北海道までの各港に「北前船」が揃ったら見事であるだろうと想像します。

「船体完成、「みちのく丸」 最大誇る復元北前船 江戸期海運の主役 気仙船匠会が青森で建造 」 東海新報 記事
http://www.tohkaishimpo.com/scripts/index_main.cgi?mode=kiji_zoom&cd=nws605

千石船情報

http://www.ofunatocci.or.jp/sengoku/sengoku_top.htm


「みちのく丸」建造 北方漁船博物館財団
http://www.mtwbm.com/index2.html
白山丸
http://www17.ocn.ne.jp/~hakusan/
浪華丸
http://www.kousi.gr.jp/kousi/kikaku/seihin/higaki_001.html

 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。